ローバー、「五つ星サービス」キャンペーン

1999.01.29 自動車ニュース
990129_069.gif

ローバー、「五つ星サービス」キャンペーン(1/29)

ローバージャパンは「ROVER五つ星キャンペーン」を実施する。ローン支払い中に勤務先が倒産しても残債が補償されるユニークなサービスも含まれている。

「ROVER五つ星キャンペーン」は2月1日から3月31日にかけて実施されるものだ。この期間中、ローバー800、600、400の新車を購入したユーザーを対象に行われるもので、5年間のメインテナンスパッケージ、5年間10万キロまでの長期保証、そして「業界初」という5年間ローンプロテクションなど5つのサービスで構成されたものである。

「5年間メインテナンスパッケージ」は12、24、48カ月法定点検基本料金および初回車検時の車両整備基本料金が無料となっているものだ。「車両リフレッシュサービス」は初回車検時に外装の水あか除去作業をしたうえで、ポリマー加工が無料でサービスされるものである。

「ケアフリープラス」は従来からあったサービスだが、これまでの「3年間6万キロ」という保証期間を「5年間10万キロ」に延長した長期保証だ。「5年間1パーセントスペシャルオートローン」は1パーセントの金利で最長60回払いまで可能の自動車ローン支払いシステムだ。

「5年間ローンプロテクション」はローン支払い中に病気やケガで入院したり勤務先が倒産した場合、月づきの支払い額相当が補償されるというものである。ローバージャパンでは業界初を謳うこのサービスについて、「今日の不透明な経済事情からくる不安を抱える多くの消費者」に向けたものとしている。

ローンが支払えなくなる、という不安はたしかに高級車を買うひとにもつきまとっているわけで、「5年間ローンプロテクション」はまさに時宜を得たサービスというべきだ。すべてのメーカーで導入を真剣に考えていただきたい。ミニや200のドライバーも救ってほしがるのでは......。(Web CG オガワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。