ヨコハマ、新スタッドレス「iceGUARD 5」を発表

2012.07.30 自動車ニュース

ヨコハマ、新世代スタッドレスタイヤ「アイスガードiG50」を披露

横浜ゴムは2012年7月30日、スタッドレスタイヤの新商品「アイスガードiG50」(以下、通称:アイスガード ファイブ)の発表会を開催した。同年9月3日から販売を開始する。

2012年7月2日に発表されたヨコハマの新スタッドレスタイヤ「アイスガード ファイブ(iceGUARD 5)」が、都内のホテルであらためて披露された。

「アイスガード ファイブ」は、“5”の名が示すとおり、1985年発売の「GUARDEX(ガーデックス)」から数えて5世代目にあたるスタッドレスタイヤ。2002年にスタートした「iceGUARD(アイスガード)」シリーズの中でも、5番目となる新商品である。

主なセリングポイントとしては、氷上における走行性能の向上と、経年による性能低下の抑制。そして、燃費のよしあしにつながる転がり抵抗の低減が挙げられる。

“氷上性能”については、「スーパー吸水ゴム」と呼ばれる新たなコンパウンドを開発することで、凍結路面上に生ずる水分の吸水量を、従来型商品「アイスガード トリプルプラス」より21%アップ。タイヤと路面がより密に接することを可能とした。さらに、進行方向内側を氷上用に、外側を雪上用に特化させた、左右非対称な新トレッドパターンを採用することで、さまざまな凍結路面に対応。氷上において、従来より8%短い距離で制動できるようになったという。

これら新コンパウンドには、タイヤを凍結路面に密着させるのに重要な“柔軟性”を長持ちさせる働きがあり、初期の性能をこれまでより長く継続できるともうたわれる。

“燃費性能”については、タイヤ側面の形状を見直すなどし、発熱によるエネルギーロスを低減。転がり抵抗は従来の「アイスガード トリプルプラス」より5%抑えられ、よりよい燃費を実現するとされる。

「ヨコハマ・アイスガード ファイブ」の価格は、オープンプライス。135/80R12〜245/45R19の全89サイズで、9月3日に発売される。

(webCG 関)

「ヨコハマ・アイスガードiG50(通称:アイスガード ファイブ)」
「ヨコハマ・アイスガードiG50(通称:アイスガード ファイブ)」
「これがヨコハマの最高性能です」
横浜ゴムの野地彦旬社長(写真)も新商品を前に自信たっぷり。
「これがヨコハマの最高性能です」
横浜ゴムの野地彦旬社長(写真)も新商品を前に自信たっぷり。
「アイスガード ファイブ」のトレッド面。写真中央から左側(装着時内側)は氷上性能を高めたパターンを採用。対する右側(外側)は雪上性能に特化したパターンとなっている。
「アイスガード ファイブ」のトレッド面。写真中央から左側(装着時内側)は氷上性能を高めたパターンを採用。対する右側(外側)は雪上性能に特化したパターンとなっている。
発表会場では、ロシアの人気キャラクター「チェブラーシカ」の姿も見られた。ロシアは現在、ヨコハマにとっての一大市場。「アイスガード」のCMキャラクターにも起用されている。
発表会場では、ロシアの人気キャラクター「チェブラーシカ」の姿も見られた。ロシアは現在、ヨコハマにとっての一大市場。「アイスガード」のCMキャラクターにも起用されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。