プジョー、「306」と「406」に特別仕様

1999.03.03 自動車ニュース
 
 
990303_007.gif

プジョー、「306」と「406」に特別仕様(3/3)

インチケーププジョージャパンは、「プジョー306XSi」および「同406 2.0」シリーズに特別限定車を設定、3月6日より発売する。

「プジョー306 XSi」に設定されたのは「スポーツコクピットパッケージ」だ。革巻ステアリングホイール、アルミ製ハンドブレーキカバー、アルミシフトノブ(MT車)、カーボン調加工のセンターナセルとメーターナセルといった専用装備をもつ。2リッターエンジン、トランスミッションは5段マニュアルおよび4段オートマチック、ボディは2ドアと4ドアが用意される。価格は5MT車が261.0万円、4ATが270.0万円だ。

「プジョー406 2.0」の特別限定モデル「クラシックパッケージ」はセダンとブレーク(ワゴン)に設定された。内容的には、革巻ステアリングホイール、同シフトノブ、ウッド調パネルのセンターコンソールとパワーウィンドウスイッチベースを特別に装備する。さらに「ブレーク」にはプジョーオリジナルのBBS製アルミホイールが装着される。価格は「406 2.0セダン クラシックパッケージ」が323.0万円、「同ブレーク クラシックパッケージ」が343.0万円となる。

ジュネーブショーを機にフェイスリフトをするフランス車は少なくない。でもたいていはオリジナルデザインのほうがすぐれているものである。これは世の常なのである。なんでだろう。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る