プジョー、「306」と「406」に特別仕様

1999.03.03 自動車ニュース
 
 
990303_007.gif

プジョー、「306」と「406」に特別仕様(3/3)

インチケーププジョージャパンは、「プジョー306XSi」および「同406 2.0」シリーズに特別限定車を設定、3月6日より発売する。

「プジョー306 XSi」に設定されたのは「スポーツコクピットパッケージ」だ。革巻ステアリングホイール、アルミ製ハンドブレーキカバー、アルミシフトノブ(MT車)、カーボン調加工のセンターナセルとメーターナセルといった専用装備をもつ。2リッターエンジン、トランスミッションは5段マニュアルおよび4段オートマチック、ボディは2ドアと4ドアが用意される。価格は5MT車が261.0万円、4ATが270.0万円だ。

「プジョー406 2.0」の特別限定モデル「クラシックパッケージ」はセダンとブレーク(ワゴン)に設定された。内容的には、革巻ステアリングホイール、同シフトノブ、ウッド調パネルのセンターコンソールとパワーウィンドウスイッチベースを特別に装備する。さらに「ブレーク」にはプジョーオリジナルのBBS製アルミホイールが装着される。価格は「406 2.0セダン クラシックパッケージ」が323.0万円、「同ブレーク クラシックパッケージ」が343.0万円となる。

ジュネーブショーを機にフェイスリフトをするフランス車は少なくない。でもたいていはオリジナルデザインのほうがすぐれているものである。これは世の常なのである。なんでだろう。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
  • プジョーの7人乗りSUV「5008」 今秋日本導入へ 2017.4.10 自動車ニュース プジョーが3列7人乗りのミドルサイズSUVである、新型「5008」を日本に導入すると発表した。ラインナップはガソリン車の「アリュール」とディーゼル車の「GT BlueHDi」の2種類で、導入時期は2017年秋とされている。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.25 試乗記 2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された、プジョーのフラッグシップワゴン「508SW GT BlueHDi」に試乗。「GT(グランドツアラー)」の称号が与えられた新グレードの乗り味やいかに?
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
ホームへ戻る