プジョー、「306」と「406」に特別仕様

1999.03.03 自動車ニュース
 
 
990303_007.gif

プジョー、「306」と「406」に特別仕様(3/3)

インチケーププジョージャパンは、「プジョー306XSi」および「同406 2.0」シリーズに特別限定車を設定、3月6日より発売する。

「プジョー306 XSi」に設定されたのは「スポーツコクピットパッケージ」だ。革巻ステアリングホイール、アルミ製ハンドブレーキカバー、アルミシフトノブ(MT車)、カーボン調加工のセンターナセルとメーターナセルといった専用装備をもつ。2リッターエンジン、トランスミッションは5段マニュアルおよび4段オートマチック、ボディは2ドアと4ドアが用意される。価格は5MT車が261.0万円、4ATが270.0万円だ。

「プジョー406 2.0」の特別限定モデル「クラシックパッケージ」はセダンとブレーク(ワゴン)に設定された。内容的には、革巻ステアリングホイール、同シフトノブ、ウッド調パネルのセンターコンソールとパワーウィンドウスイッチベースを特別に装備する。さらに「ブレーク」にはプジョーオリジナルのBBS製アルミホイールが装着される。価格は「406 2.0セダン クラシックパッケージ」が323.0万円、「同ブレーク クラシックパッケージ」が343.0万円となる。

ジュネーブショーを機にフェイスリフトをするフランス車は少なくない。でもたいていはオリジナルデザインのほうがすぐれているものである。これは世の常なのである。なんでだろう。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

406セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
  • プジョー508SWグリフ(FF/6AT)【試乗記】 2015.5.12 試乗記 プジョーのフラッグシップモデル「508」がマイナーチェンジ。果たして、最新型の実力は……? ワゴンの上級モデルに試乗してわかった、走りや乗り心地を報告する。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • 第3回:“人車一体”が味わえる!
    「CTSセダン」街乗りインプレッション
    2017.3.3 特集 キャデラックのセダンと聞いて、皆さんはどんな走りのクルマをイメージするだろうか? 今回は、webCG編集部のスタッフが、ミッドサイズセダン「CTS」に初めて試乗。その印象を報告する。
ホームへ戻る