ダイハツ、クラシックテイストの「ミラジーノ」

1999.03.04 自動車ニュース
 
 
990304_010.gif

ダイハツ、クラシックテイストの「ミラジーノ」(3/4)

ダイハツ工業は「ミラ」のセダンシリーズに「ミラジーノ」を設定し、3月1日より発売した。クラシックテイストの外観がうりものだ。

「ダイハツミラジーノ」は660ccエンジン搭載の「ミラセダン」をベースに開発されたモデルで、「クラシック志向層をターゲットに開発」(ダイハツ)された。特徴は専用設計されたアウターパネルにあり、曲面を強調したボンネットフード、フロントフェンダー、丸型マルチリフレクターヘッドランプ、さらにメッキパーツ、ウッドステアリングホイール、ホワイトメーターなどを特徴としている。

車種バリエーションは豊富だ。エンジンは、58馬力の3気筒SOHC3バルブと、64馬力の3気筒DOHC4バルブ+ターボが用意され、駆動形式は前輪駆動と4輪駆動、さらにトランスミッションは5段マニュアルと4段オートマチックが組み合わせられる。89.8万円のノンターボ前輪駆動5MTから、124.8万円の4WDターボATまで8車種がラインナップされている。

この顔をみて、初期型アウトビアンキA112を思いうかべたらだいぶエンスーなひとである。しかし相変わらず他社の歴史的引用を続けているというのは、いったい日本のメーカーはなにを考えているのか。いいかげんにやめなさい。(Web CG オガワ) 

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
ホームへ戻る