【スペック】全長×全幅×全高=4695×1695×1990mm/ホイールベース=2555mm/車重=1810kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブ(130ps/5600rpm、18.1kgm/4400rpm)/価格=262万800円(テスト車=267万3300円/特別塗装色タイガーアイブラウン=5万2500円)

日産NV350キャラバン プレミアムGX(FR/5AT)【試乗記】

目指すはシェア4割! 2012.07.30 試乗記 日産NV350キャラバン プレミアムGX(FR/5AT)
……267万3300円

発売後約1カ月で月販目標の3倍となる6000台を超えるなど、好調な立ち上がりを見せている「NV350キャラバン」。シェア8割以上を占める「トヨタ・ハイエース」にどこまで迫れるか。

打倒ハイエース!

「キャラバン」改め「NV350キャラバン」のライバルは、ズバリ「トヨタ・ハイエース」だ。事実上、唯一のライバルなのだが、形勢は極めて不利。旧型キャラバンとハイエースの比較では、市場のシェアは2:8。「実際は15:85というところです」と開発陣が教えてくれた。

どうりで街で見かけるビジネスバンは、圧倒的にハイエースが多いわけだ。しかし、これほどまでに差が開いているとは思わなかった。その理由を開発陣に尋ねると、荷室の長さとデザインが主な要因なのだという。

4ナンバー小型商用車枠のモデルでは、全長4.7mの上限の中で、いかに広い荷室を確保するかが勝負になるわけだが、ハイエースが荷室長3000mmを確保しているのに対し、旧型キャラバンは200mm短い2800mmだった。ビジネスの場面でこの200mmがどれだけの差をもたらすかは私にはわからないが、カタログを見比べたときにハイエースに目移りする人は案外多いに違いない。

そのうえハイエースは、Cピラーをガラスで隠し、サイドウィンドウが連続するデザインがカッコいいと評判である。

おかげでユーザーの中にはハイエースしか眼中になく、キャラバンは購入候補にすら挙がってこない……というのも珍しくなかったというから、日産にとってかなりマズイ状況だったわけある。

上下2トーンでまとめられたインストルメントパネル。各所にメッキやシルバーの加飾を配し、上質感を演出している。ナビはディーラーオプション。
上下2トーンでまとめられたインストルメントパネル。各所にメッキやシルバーの加飾を配し、上質感を演出している。ナビはディーラーオプション。
プッシュ式のエンジンスターターを採用。社内のテストによれば、従来のキーシリンダー式と比べて約5秒速く走りだせるのだとか。
プッシュ式のエンジンスターターを採用。社内のテストによれば、従来のキーシリンダー式と比べて約5秒速く走りだせるのだとか。
メーターの間には、カラー表示の車両情報ディスプレイが備わる(プレミアムGXとGXに標準設定)。燃費、走行可能距離、水温などが表示される。
メーターの間には、カラー表示の車両情報ディスプレイが備わる(プレミアムGXとGXに標準設定)。燃費、走行可能距離、水温などが表示される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

NV350キャラバンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
ホームへ戻る