【スペック】全長×全幅×全高=4695×1695×1990mm/ホイールベース=2555mm/車重=1810kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブ(130ps/5600rpm、18.1kgm/4400rpm)/価格=262万800円(テスト車=267万3300円/特別塗装色タイガーアイブラウン=5万2500円)

日産NV350キャラバン プレミアムGX(FR/5AT)【試乗記】

目指すはシェア4割! 2012.07.30 試乗記 日産NV350キャラバン プレミアムGX(FR/5AT)
……267万3300円

発売後約1カ月で月販目標の3倍となる6000台を超えるなど、好調な立ち上がりを見せている「NV350キャラバン」。シェア8割以上を占める「トヨタ・ハイエース」にどこまで迫れるか。

打倒ハイエース!

「キャラバン」改め「NV350キャラバン」のライバルは、ズバリ「トヨタ・ハイエース」だ。事実上、唯一のライバルなのだが、形勢は極めて不利。旧型キャラバンとハイエースの比較では、市場のシェアは2:8。「実際は15:85というところです」と開発陣が教えてくれた。

どうりで街で見かけるビジネスバンは、圧倒的にハイエースが多いわけだ。しかし、これほどまでに差が開いているとは思わなかった。その理由を開発陣に尋ねると、荷室の長さとデザインが主な要因なのだという。

4ナンバー小型商用車枠のモデルでは、全長4.7mの上限の中で、いかに広い荷室を確保するかが勝負になるわけだが、ハイエースが荷室長3000mmを確保しているのに対し、旧型キャラバンは200mm短い2800mmだった。ビジネスの場面でこの200mmがどれだけの差をもたらすかは私にはわからないが、カタログを見比べたときにハイエースに目移りする人は案外多いに違いない。

そのうえハイエースは、Cピラーをガラスで隠し、サイドウィンドウが連続するデザインがカッコいいと評判である。

おかげでユーザーの中にはハイエースしか眼中になく、キャラバンは購入候補にすら挙がってこない……というのも珍しくなかったというから、日産にとってかなりマズイ状況だったわけある。

上下2トーンでまとめられたインストルメントパネル。各所にメッキやシルバーの加飾を配し、上質感を演出している。ナビはディーラーオプション。
上下2トーンでまとめられたインストルメントパネル。各所にメッキやシルバーの加飾を配し、上質感を演出している。ナビはディーラーオプション。
プッシュ式のエンジンスターターを採用。社内のテストによれば、従来のキーシリンダー式と比べて約5秒速く走りだせるのだとか。
プッシュ式のエンジンスターターを採用。社内のテストによれば、従来のキーシリンダー式と比べて約5秒速く走りだせるのだとか。
メーターの間には、カラー表示の車両情報ディスプレイが備わる(プレミアムGXとGXに標準設定)。燃費、走行可能距離、水温などが表示される。
メーターの間には、カラー表示の車両情報ディスプレイが備わる(プレミアムGXとGXに標準設定)。燃費、走行可能距離、水温などが表示される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 「日産エルグランド」に白い本革シートの特別仕様車 2016.12.19 自動車ニュース 日産自動車は2016年12月19日、「エルグランド」に特別仕様車「ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム」を設定し、販売を開始した。今回の特別仕様車は、内装のドレスアップと、機能面の強化が図られている。
  • 日産が「デイズ ルークス」をマイナーチェンジ 2016.12.22 自動車ニュース 日産が軽乗用車「デイズ ルークス」をマイナーチェンジ。フロントまわりを中心に外観デザインを変更したほか、「ハイウェイスター」にはグラデーションカラーのシートが目を引く「プレミアムグラデーションインテリア」をオプション設定した。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る