スズキ、「Kei」のラインナップを充実

1999.03.12 自動車ニュース
 
 
990312_027.gif

スズキ、「Kei」のラインナップを充実(3/12)

スズキ株式会社は軽乗用車「Kei」に5ドアを追加して、3月10日より発売した。前輪駆動の5MTで93.3万円からだ。

「スズキKei」5ドアは豊富なラインナップをもつ。エンジンは「Siターボ」とスズキがよぶ657cc3気筒SOHC+インタークーラー付ターボ(60馬力)と、オールアルミ製の658cc3気筒DOHC4バルブ+インタークーラー付ターボ(64馬力)という2本立てだ。

「Siターボ」エンジンは「Gタイプ」と「Xタイプ」に、16バルブエンジンは「Sタイプ」に搭載される。トランスミッションは3グレードすべてに5MTと4ATが組み合わせられる。ちなみに「3ドア」の「Gタイプ」と「Xタイプ」は3ATとなっている。

価格は「Gタイプ」が前輪駆動+5MTの93.3万円から4WD+4ATの110.5万円、「Xタイプ」が103.8万円から123.0万円、パワフルな「Sタイプ」が113.8万円から133.0万円である。

「Kei」は2ドアだからカッコよかったのに、などとはあえて言うまい。でも、なにからなにまで順列組み合わせすべてを揃えてビジネスチャンスを逃さないようにしよう、という気持ちはわからないではないが、これじゃスタイリッシュなSUV、という最初のコンセプトをメーカー自身が否定した結果になっている。......結局、言ってしまった。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Keiの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルトF(FF/5AT)【試乗記】 2015.2.26 試乗記 5段ロボタイズドマニュアル「5AGS」を搭載した新型「スズキ・アルト」のエントリーグレードに試乗。スズキの将来を担う、新世代プラットフォームの実力に触れた。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.4.1 試乗記 その出来栄えは、標準車の素性のよさがあればこそ? 64psのターボエンジンを搭載した「スズキ・アルト ターボRS」の実力を試す。
  • スズキ・アルトX(FF/CVT)【試乗記】 2015.3.19 試乗記 このインパクトのある“顔つき”がとかく話題になりがちな新型「アルト」だが、デザインばかりに目を奪われてはいけない。このクルマの見どころはその奥、しっかりとしたボディーにこそあるからだ。上級グレードの「X」に試乗し、アルトの“軽自動車力”を探った。
ホームへ戻る