ジャガー、立川に新ディーラー開設

1999.03.15 自動車ニュース
990315_030.gif

ジャガー、立川に新ディーラー開設(3/15)

ジャガージャパンは東京西部の立川市に、新ディーラー「ジャガー立川」を4月1日に開設する。都内6番目の正規販売店となる。

4月1日にオープンする「ジャガー立川」は、新車3台が展示可能なショールームと、2基の専用ベイを持つ修理工場を備えている。所在地は立川市柴崎町6-15-23。電話は042-524-5859。立川駅の南側、立日橋のそばに位置しているという。同店のオープンで、ジャガージャパンの都内における販売拠点は6拠点に、全国では57拠点となった。

「ジャガー立川」の経営にあたるのは販売会社の「ジャガー東京」。同社は、おなじく4月1日より「ジャガー杉並」(旧ジャガー杉並支店)の運営も開始し、2店舗体制で東京西部、多摩地区の顧客に対応する。

注目のミディアムサルーン、ジャガーSタイプの日本発売は5月になる予定だそうです。それから、ジャガーはBMW3シリーズに対向すべく「ベビージャガー」(コードネームX400)も開発中。ジャガー初の4WDシステムの搭載も予定されているようです。いずれにせよ「小さめのジャガー」というのは、とくに日本では人気が出やすいのではないでしょうか。(Web CG スヤマ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。