カラーを一新、「オペルベクトラ」99モデル

1999.03.16 自動車ニュース
 
 
990316_033.gif

カラーを一新、「オペルベクトラ」99モデル (3/16)

ヤナセは「オペル ベクトラ」の1999年モデルを発売した。外板色がすべて変更されたのが特徴。セダンとワゴンが用意される。

ヤナセが3月13日に発売した「オペル ベクトラ」の1999年モデルは、1998年モデルと同様に、セダンとワゴンが3グレードずつ設定されている。1.8リッター直4DOHC、2リッター直4DOHC、2.5リッターV6DOHCという3種類のエンジンも昨年と同様だ。装備についてもとくに変更はない。

大きく変わったのはボディカラーだ。これまで用意されていた8色はすべて廃止され、「タングステン」「オリオンシルバー」「ジェネシスブルー」「レーベンブラック」「カプリコーングリーン」(以上メタリック)「スティングレッド」(ソリッドカラー)の6色があらたに設定された。

価格は、1.8リッターエンジンを搭載する「ベクトラGL」「ベクトラワゴンGL」が、それぞれ4万円値上がりして、265.0万円と280.0万円となった。そのほかのグレードは据置となっている。ちなみに写真は1998年モデルですのでご注意を。

最近テレビで放映されている「オペル家の人々」のCMがヘンで好きだ。全員、眉毛がオペルの稲妻マークになっていたり、わざとらしいセリフを言うのがオカシイ。しかし、あの「オペル家」にはなぜ「ティグラちゃん(君?)」がいないのか? 不良になって家出でもしたのか? はたまた養子に行ってしまったのか? などと心配していたら「ティグラの生産が終了する日が近いらしい」というウワサを聞いた。あのキュートなスタイリングには心惹かれるものがあるだけに、残念である。(Web CG スヤマ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ベクトラセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • オペル・ベクトラ2.2プレミアム(5AT)【試乗記】 2002.7.26 試乗記 オペル・ベクトラ2.2プレミアム(5AT)
    ……362.0万円

    凝った造形のサイドミラーばかり(?)が話題になったオペルのミドサイズモデル「ベクトラ」。尻すぼみ気味だった日本とはうらはらに、欧州でのベストセラーとして成功を収めた2代目ベクトラがフルモデルチェンジを受け、3代目に進化した。webCG記者がハコネで乗った。


  • オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)【試乗記】 2003.6.14 試乗記 オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)
    ……361.0万円/458.0万円

    GMグループの最新プラットフォーム「イプシロン」に、斬新なデザインのボディを載せた「オペル・ベクトラ」。セダンに続いて、「GTS」とのサブネームを付けた5ドアハッチの日本導入が開始された。“スポーティ”を謳うニューベクトラに、『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が乗った。


  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
ホームへ戻る