カラーを一新、「オペルベクトラ」99モデル

1999.03.16 自動車ニュース
 
 
990316_033.gif

カラーを一新、「オペルベクトラ」99モデル (3/16)

ヤナセは「オペル ベクトラ」の1999年モデルを発売した。外板色がすべて変更されたのが特徴。セダンとワゴンが用意される。

ヤナセが3月13日に発売した「オペル ベクトラ」の1999年モデルは、1998年モデルと同様に、セダンとワゴンが3グレードずつ設定されている。1.8リッター直4DOHC、2リッター直4DOHC、2.5リッターV6DOHCという3種類のエンジンも昨年と同様だ。装備についてもとくに変更はない。

大きく変わったのはボディカラーだ。これまで用意されていた8色はすべて廃止され、「タングステン」「オリオンシルバー」「ジェネシスブルー」「レーベンブラック」「カプリコーングリーン」(以上メタリック)「スティングレッド」(ソリッドカラー)の6色があらたに設定された。

価格は、1.8リッターエンジンを搭載する「ベクトラGL」「ベクトラワゴンGL」が、それぞれ4万円値上がりして、265.0万円と280.0万円となった。そのほかのグレードは据置となっている。ちなみに写真は1998年モデルですのでご注意を。

最近テレビで放映されている「オペル家の人々」のCMがヘンで好きだ。全員、眉毛がオペルの稲妻マークになっていたり、わざとらしいセリフを言うのがオカシイ。しかし、あの「オペル家」にはなぜ「ティグラちゃん(君?)」がいないのか? 不良になって家出でもしたのか? はたまた養子に行ってしまったのか? などと心配していたら「ティグラの生産が終了する日が近いらしい」というウワサを聞いた。あのキュートなスタイリングには心惹かれるものがあるだけに、残念である。(Web CG スヤマ)

 
 
関連記事
  • オペルベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)【試乗記】 2003.3.25 試乗記 オペルベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)
    ……361.0万円/458.0万円

    2003年3月24日、オペルの中核モデル「ベクトラ」に、5ドアハッチバックの「GTS」が加わった。スポーティイメージを訴求し、「ベクトラの本命」と謳われる新型に、webCG記者が箱根で乗った。


  • オペル・アストラ 1.8 Sport(4AT)/アストラ 2.0 Turbo Sport(6MT)【試乗記】 2004.11.1 試乗記 オペル・アストラ 1.8 Sport(4AT)/アストラ 2.0 Turbo Sport(6MT)
    ……291万2500円/334万9500円

    可変ダンパー「CDC」、2リッターターボ+6MTを武器に、オペルが強豪ひしめくセグメントに送り込むニューモデル「アストラ」。スポーティさでイメージ転換を図るブリッツマークのニューモデルに、『webCG』記者が試乗した。


  • オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)【試乗記】 2003.6.14 試乗記 オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)
    ……361.0万円/458.0万円

    GMグループの最新プラットフォーム「イプシロン」に、斬新なデザインのボディを載せた「オペル・ベクトラ」。セダンに続いて、「GTS」とのサブネームを付けた5ドアハッチの日本導入が開始された。“スポーティ”を謳うニューベクトラに、『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が乗った。


  • オペル「ベクトラGTS」をラインナップに追加 2003.3.25 自動車ニュース 日本ゼネラルモーターズは、2002年7月に日本発売されたオペルの中型セダン「ベクトラ」に、5ドアハッチバックの「GTS」を追加したことを、2003年3月24日に発表した。2003年4月5日から販売を開始する。
  • オペル・シグナム3.2(5AT)【ブリーフテスト】 2004.3.20 試乗記 ……433.5万円
    総合評価……★★★★

    「オペル・ベクトラセダン」のホイールベースを130mm延長して後席の居住スペースにあてた、ベクトラシリーズのトップグレード「シグナム」。ハッチバックのユニークなラクシャリーカーに、自動車ジャーナリストの笹目二朗が乗った。


  • オペル・アストラワゴン1.8 Sport(4AT)/2.0 Turbo Sport(6MT)【試乗記】 2005.2.16 試乗記 オペル・アストラワゴン1.8 Sport(4AT)/2.0 Turbo Sport(6MT)
    ……299万9500円 /349万9500円

    新型ゴルフがハッチバックのみにとどまっているうちに、オペル・アストラのワゴンが登場した。ホイールベースを延長し、実用性とスタイリングを両立させようという意欲作に、自動車ジャーナリストの島下泰久が試乗した。


  • オペル・アストラ2.0 Turbo Sport/キャデラックSRX/シボレー・オプトラ【試乗記】 2005.2.7 試乗記 オペル・アストラ2.0 Turbo Sport/キャデラックSRX/シボレー・オプトラ

    2005年のJAIA試乗会、『webCG』本諏訪裕幸は、いずれもGMグループに属するアメリカ、欧州、アジアの3ブランドからチョイス。リーズナブル、スポーティ、ラクシャリーと、キャラの異なる3台をリポートする。


  • オペル・アストラワゴン1.8 Sport(FF/4AT)【試乗速報】 2005.1.26 試乗記 オペル・アストラワゴン1.8 Sport(FF/4AT)
    ……299万9500円

    オペル・アストラは、Cセグメントの強豪がひしめくヨーロッパで好評を博し、販売も好調らしい。日本でもハッチバックに続きステーションワゴンが導入された。『NAVI』編集委員鈴木真人が「実用車」の実力を速報する。


  • オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)【試乗記】 2003.2.7 試乗記 オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)
    ……169.5万円

    「ドライビングは知的なスポーツだ」とカタログで謳う「オペル・ヴィータ スポーツ」。オートマチックモードをもち、必要とあらばシーケンシャルシフトを楽しめるブリッツマークの末弟に、自動車専門誌『NAVI』の副編集長、佐藤健が乗った。


  • オペル・ベクトラ2.2(5AT)【ブリーフテスト】 2002.12.4 試乗記 ……335.0万円
    総合評価……★★★★




ホームへ戻る