ニュル最速! ポルシェ911にホットバージョン

1999.03.16 自動車ニュース
 
 
990316_034.gif

ニュル最速! ポルシェ911にホットバージョン(3/16)

ポルシェジャパンは、911の高性能バージョン「911GT3」を発売した。3.6リッターエンジンは360psを発生する。1290万円。

3月12日より発売された「ポルシェ911GT3」は、ポルシェのスポーツモデル「RS」の後継車としてデビューした。モータースポーツ参戦用の「クラブスポーツ」バージョンも用意されている。その外観では、フロントエンドの変更、サイドシル、固定式リアスポイラー、赤いブレーキキャリパー、18インチホイールなどが、GT3ならではの識別点となっている。

水冷水平対向6気筒DOHC4バルブの自然吸気エンジンは、排気量を3.3リッターから3.6リッターに拡大し、360ps/7200rpmの最高出力と、37.7kgm/5000rpmの最大トルクを得ている。昨年のルマン優勝車「911GT1」のエンジン技術も応用され、チタンコンロッドやクランクシャフト表面の特殊コーティングなどを採用。高回転時における耐久性を向上させているという。

トランスミッションは6速MTのみで、専用のギアレシオが与えられている。レースでの使用を考慮して、シンクロリングの交換や、コースに合わせたギア比の交換を容易に出来るようにし、さらなるパワーアップにも対応できる耐久性も与えられている。

サスペンションも専用セッティングとなっている。車両重心は約30mm低められ、可変スタビライザーの採用や、ジオメトリー調整範囲の拡大によって、様々なレースコースに対応できるようにしている。またロアアームジョイントや、前輪ホイールベアリングなどの重要部品も強化されている。タイヤはフロントが225/40ZR18、リアが285/30ZR18を装着。ブレーキはディスクの径、厚みともに拡大され、強化タイプの4ピストンキャリパーが採用された。この結果、ブレーキの制動値は911ターボ(993型)のそれを上回るという。

室内には革張り樹脂性バケットシートが採用され、後席が取り外されている。これで約30kgの軽量化がなされて、車重は1350kgとなっている。「クラブスポーツ」バージョンにはボルト留めのロールケージが装着されており、ロールケージをリアアクスル/サスペンション取り付け部に固定したことで、リアサスペンションからの入力によるボディ変形を低減させている。

これらの改良により、「911GT3」は最高速度が302km/h、0-100km/h加速が4.8秒という性能を得ている。またドイツ ニュルブルクリンクの北コースで7分56秒をマークし、量産車として初めて8分を切るタイムを樹立したという。「911GT3」の価格は1290万円。ポルシェジャパンでは100台の販売を計画している。

911GT3といえば、先ごろのジュネーブショーで発表されたばかりのモデルだ。ポルシェジャパンの対応の速さはエライと思う。やっぱり911には、こういったスパルタンなモデルがあったほうが、ポルシェらしくてイイと思います。(Web CG スヤマ)

 
 

関連キーワード:
911ポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記 最高出力450psを発生する「911カレラGTS」に試乗。スポーツカーのサラブレッド「ポルシェ911」の中でも高性能モデルと位置づけられる駿馬(しゅんめ)は、どんな走りを見せるのか? さまざまな道でむちを当てた。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記