スズキ、「アルト」にターボ車を設定

1999.03.18 自動車ニュース
 
 
990318_037.gif

スズキ、「アルト」にターボ車を設定(3/18)

スズキは「アルト」にターボエンジンを搭載した「エポターボ」を追加して、3月16日より発売した。前輪駆動の5MTで81.8万円からだ。

「アルトエポターボ」は、「エポ5ドア」に「Siターボエンジン」を搭載したモデルだ。このエンジンは「ワゴンR」や「Kei」などにも搭載されている、657cc3気筒SOHCのインタークーラー付ターボ。最高出力60ps/6000rpm、最大トルク8.5kg/4000rpmを発する。特に低中速域のトルクを増大させており、扱いやすいのが特徴であるという。

前輪ブレーキにベンチレーテッドディスクが採用されているのも大きな特徴だ。トランスミッションは5段MTか3段ATで、駆動方式はFWDおよび4WDが用意されている。

価格は前輪駆動の5MTが81.8万円、同3ATが87.3万円、4WDの5MTが91.5万円、同3ATが97.0万円である。なお「エポターボ」はアルトシリーズ中、上から2番目のグレードとなっている。

ところでスズキには、軽自動車用のエンジンとして、直3SOHC2バルブから、直3DOHC可変バルブタイミング機構付ターボまで、リーンバーンなども含めて9種類ものエンジンが用意されている。ダイハツにしても同じくらいたくさんのエンジンがある。すごいといえばすごいことだが、こんなにたくさんの種類のエンジンが、はたして本当に必要なのだろうかとも思う。(Web CG スヤマ)

 
 

関連キーワード:
アルトスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
ホームへ戻る