スズキ、「アルト」にターボ車を設定

1999.03.18 自動車ニュース
 
 
990318_037.gif

スズキ、「アルト」にターボ車を設定(3/18)

スズキは「アルト」にターボエンジンを搭載した「エポターボ」を追加して、3月16日より発売した。前輪駆動の5MTで81.8万円からだ。

「アルトエポターボ」は、「エポ5ドア」に「Siターボエンジン」を搭載したモデルだ。このエンジンは「ワゴンR」や「Kei」などにも搭載されている、657cc3気筒SOHCのインタークーラー付ターボ。最高出力60ps/6000rpm、最大トルク8.5kg/4000rpmを発する。特に低中速域のトルクを増大させており、扱いやすいのが特徴であるという。

前輪ブレーキにベンチレーテッドディスクが採用されているのも大きな特徴だ。トランスミッションは5段MTか3段ATで、駆動方式はFWDおよび4WDが用意されている。

価格は前輪駆動の5MTが81.8万円、同3ATが87.3万円、4WDの5MTが91.5万円、同3ATが97.0万円である。なお「エポターボ」はアルトシリーズ中、上から2番目のグレードとなっている。

ところでスズキには、軽自動車用のエンジンとして、直3SOHC2バルブから、直3DOHC可変バルブタイミング機構付ターボまで、リーンバーンなども含めて9種類ものエンジンが用意されている。ダイハツにしても同じくらいたくさんのエンジンがある。すごいといえばすごいことだが、こんなにたくさんの種類のエンジンが、はたして本当に必要なのだろうかとも思う。(Web CG スヤマ)

 
 

関連キーワード:
アルトスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.5.7 試乗記 「久々のターボモデル復活」と、「アルトワークス」を知る世代の人々の注目を集めることとなった「アルト ターボRS」。新時代のホットハッチをロングドライブに連れ出し、その魅力を味わった。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
ホームへ戻る