「アルファ156 Qシステム」は乗りやすい

1999.03.19 自動車ニュース
 
 
990319_040.gif

「アルファ156 Qシステム」は乗りやすい (3/19)

「アルファ156」に採用された、もうひとつの新世代ATが「Qシステム」。マニュアルモード付4段ATで、2.5 V6に組み合わされる。

「アルファ156 2.5V6」にあらたに採用されたAT「 Qシステム」は、「156 2.0ツインスパーク」の「セレスピード」とは仕組みがたいぶ異なります。「セレスピード」はクラッチ操作を自動化した5段MTですが、「Qシステム」は、日本車などにもよく見られるものと同じ、いわゆるマニュアルモード付の4段ATです。

ですから、通常のフルオートATとしても使用できるし、マニュアルシフトも可能です。ただし、マニュアルモードの操作ゲートが、MT車のような「Hパターン」になっているところが特徴です。ちなみに「Qシステム」は、アルファロメオと日本のアイシンAWの共同開発によるものだそうです。

まずは通常のATに設定して走ってみました。ATには燃費重視の「シティ」モードと、スポーツ走行用「スポーツ」、雪道用「アイス」の3モードが用意されています。「スポーツモード」では、日本車のそれと違って、かなり高い回転域までエンジン回転を引っ張ることができ、また、コーナーの立ち上がりなどで加速したい時に、むやみにシフトアップしないで低いギアを維持してくれるシフトスケジュールになっているので、安心してスポーツドライビングができます。変速ショックやタイムラグが少ないのも好感を持ちました。

マニュアルモードを選んでみると、はじめはH型パターンの配置に馴れるのに少し時間がかかりましたが、馴れてくれば問題ありません。先にも述べたように、シフトのさいのショックやタイムラグも少なく、レブリミットまで回しても、リミッターが作動するだけで自動的にシフトアップはしないので、4段MTに乗っているような運転ができます。2.5リッターV6エンジンは十分なトルクがあるので、どのギアからでも気持ちの良い加速が得られました。

「156 2.5 V6 Qシステム」は、「大人のスポーツサルーン」だなあと思いました。エンジンはあらゆる回転粋でトルキーで、とても扱いやすい。サスペンションのセッティングも、ツインスパークと比べると、車高が若干低くなっているにもかかわらず、ブッシュ類、スタビライザー、スプリング、ダンパーのチューニングがうまく調和していて、乗り心地のよさと高いコーナリング性能を両立させています。排気音からして、アルファらしい重厚さと力強さがあって、自分で買うならこちらにするな、と思いました。マニュアルにするかQシステムにするかは迷うところですが。なお、価格は、マニュアル仕様より40.5万円高い449.5万円です。(リポート=松本英雄+Web CG スヤマ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.6.7 試乗記 アルファ・ロメオのFRセダンが懐かしい名前とともに帰ってきた。510psを誇る「ジュリア クアドリフォリオ」を頂点に据えた新しい「ジュリア」ファミリー。その仕上がり具合を、故郷イタリアのテストコースと公道で試した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア【海外試乗記】 2016.7.6 試乗記 アルファ・ロメオにとって久々のFRセダン「ジュリア」が、いよいよデビューを果たした。本国イタリアでの試乗を通して見えてきた、ドイツのライバルとも、これまでのアルファとも違うスポーティネスの形をリポートする。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」の年内導入が決定 2017.6.23 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月23日、アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」について、同年内に販売を開始すると発表した。流麗なスタイルを持つボディーや最高出力510ps、0-100km/h加速は3.9秒というパフォーマンス(上級グレード)などを特徴とする。
  • ボルボXC60 T6 AWD(4WD/8AT)/XC60 D5 AWD(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.6.29 試乗記 2017年秋に日本での発売が予定される2代目「ボルボXC60」に、スペインで試乗。ボルボ全販売台数の30%を占めるという売れ筋SUVはどう変わったのか、ガソリン車の「T6 AWD」とディーゼル車「D5 AWD」でチェックした。
  • フォルクスワーゲンが8車種の先進装備を強化 2017.7.20 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年7月20日、純正インフォテインメントシステムの「Composition Media(コンポジションメディア)」およびナビゲーション機能が付いた「Discover Pro(ディスカバー プロ)」の機能強化に加え、一部モデルの装備を充実させ、販売を開始した。
ホームへ戻る