エンケイから中型セダン専用ホイール

1999.03.19 自動車ニュース
990319_039.gif

エンケイから中型セダン専用ホイール (3/19)

エンケイジャパンは、中型セダン専用ホイール「ボルテックス フィーノ」を新発売する。3万8000円から4万3000円。

1999年4月に発売される「ボルテックス フィーノ」は、中型セダン専用に開発されたホイールだ。エンケイジャパンによれば「最近のアルミホイールは装飾性ばかりが注目され、奇抜なデザインの増加や、インチアップ、ワイドトレッド化が加熱の一途をたどっている」。そんな風潮の中、同社は「ボルテックス フィーノ」において、「走り」の性能を犠牲にすることなく、良質なデザインと両立させた、としている。

また「ボルテックス フィーノ」では、適応車種を中型セダンに限定したことで、その車種本来の乗り味を損なわない、最適なサイズ、スペックが設定できたとしている。サイズは16x7.0JJと17x7.0JJの2種。それぞれオフセットが45mmと55mmのものがあり、4穴と5穴が用意されている。PCDはすべて114.3だ。価格は16インチが1本3万8000円、17インチが4万3000円となっている。

そういえば、先日紹介したポルシェ911GT3は、リアに285/30ZR18というタイヤを履いていた。なんと偏平率30パーセントですよ。このままどんどん偏平率が下がって「偏平率1パーセントのタイヤ」が登場したら、どうなるのか。「ホイールにゴムが1枚貼ってあるだけ」みたいなモノになるのか。そうなると、こんどはそのゴムの薄さを競うようになったりして……。(Web CG スヤマ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。