ボルボ、「S40T-4」「V40T-4」を値下げ

1999.03.24 自動車ニュース
 
 
990324_046.gif

ボルボ、「S40T-4」「V40T-4」を値下げ(3/24)

ボルボカーズジャパンは、「S40」「V40」の「T-4」1999年モデルを特別限定車として発売する。装備が充実して価格が下げられた。

ボルボの「T-4」は、「S40」(セダン)「V40」(ワゴン)に1.9リッターDOHCインタークーラーターボエンジンを搭載したホットモデル。そのエンジンは200psの最高出力と、30.6kgmの最大トルクを生み、前輪を駆動する。トランスミッションは4ATのみの設定で、ハンドル位置は右と左が用意されている。

ボルボカーズジャパンでは、1999年モデルの「T-4」を、装備を充実させた上で価格を下げた、特別仕様車として限定販売する。その内容は、外観ではデュアルヘッドランプ、フロントフォグランプ、「T-4」専用ストライプ、専用デザインの15インチアルミホイール「コスモス」、リアスポイラー(S40T-4)、リアルーフスポイラー(V40T-4)が追加されている。

インテリアではアートレザーシート、ウッド調パネル、フロントアームレスト、スポーティーレザーステアリングホイール、CDプレイヤー付オーディオが新たに装備されている。このうちアートレザーシートは、レザーシートにハンドペイントによって1台1台異なった図柄が描かれているというものだ。

1999年モデルの「S40T-4」の価格は380万円、「V40T-4」は395万円。ボルボカーズジャパンによれば、それぞれ1998年モデルより約15万円の値下げとなっている。加えて、上記の装備が51万円分追加されているので、実質的には66万円分の値下げになっているとしている。なお「S40T-4」は150台、「V40T-4」は250台の限定発売となる。

それにしても、「360」や「480ターボ」の昔から、オランダ生まれのコンパクトボルボは、どうも日本では人気がいまひとつらしい。個人的にはデザインに独特の「エグさ」があって、嫌いではないのだが。「480ターボ」なんて、当時のイタリアで人気が出て「ヤンエグ」(死語)が得意げに乗り回していたものですが。(Web CG スヤマ)

 
 

関連キーワード:
S40V40ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT6 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.2.5 試乗記 ボルボが主催した雪上試乗会に参加。「V90クロスカントリー」を駆り、信州は志賀高原でその雪上性能をチェックするとともに、先進装備をフル活用した“極楽浄土”もかくやの快適クルージングを堪能した。
  • 第11回:長距離ドライブで実力を試す 2018.2.6 徹底検証! ボルボXC60 第2世代となった「ボルボXC60」で、往復1000kmを超えるロングドライブへ。市街地から高速道路、ワインディングロードまで、さまざまな道を走らせてみると、ボルボが総力をあげて開発した新型の価値が見えてきた。
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.12.4 試乗記 デザインはもちろん、走りにおいてもライバルとは趣を異にする新型「ボルボXC60」。シャシーのチューニングから運転席まわりのインターフェイスに至るまで、すべてが丁寧に作りこまれたこのクルマの特徴をひとことで言い表すと……。
ホームへ戻る