フォード、「エクスプローラー」の安全性を向上

1999.03.25 自動車ニュース
 
 
990325_047.gif

フォード、「エクスプローラー」の安全性を向上(3/25)

フォードセールスジャパンは「フォードエクスプローラー」の商品改良を行なった。眼目はサイドエアバッグ標準装備による安全性の向上などにある。

新型「フォードエクスプローラー」は、「エディバウアー」「XLT」そして名称変更された「XL-Sports」の3グレードからなる。ドライブトレインは全車共通して4リッターV6に電子制御5段オートマチックの組合せとなる。今回の改良における特徴は、安全性の向上、一部外観の変更、装備の充実などである。

全車共通しているのは、コンピュータユニットの変更で従来より3馬力アップして213馬力となったエンジン出力、前席のバックレストにビルトインされたサイドエアバッグ、丸型フォグランプを埋め込んだフロントバンパー、デザイン変更されたホイールリップモールディング、ボディサイドモールディング、ランニングボード、ルーフラック、さらに新しいシート生地などである。

最上級グレードの「エディバウアー」(419.5万円)では、16インチアルミホイールの新採用、ランニングボードに足元照明の追加、塗りわけ部分を見直されてスポーティ感と高級感が強調されたツートンペイントなどが特徴だ。

「XLT」(369.5万円)では「エディバウアー」と同タイプの16インチアルミホイールが採用された。またベーシックグレードは従来のXLから「XL-Sports」(319.5万円)と名称変更され、ボディ同色フロントグリル、ルーフラック、ランニングボード、15インチクロムメッキスチールホイールが新たに装備された。

「XL-Sports」のボディ同色フロントグリルは、アメリカっぽくてちょっといいかんじである。さらに、日本でも米国のように、2WDが設定されていれば価格的にも嬉しいのだが。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
エクスプローラーフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォードF-150ラプター(4WD/10AT)【試乗記】 2018.3.2 試乗記 これぞオフロードのスーパーカー! アメリカにおける不動のベストセラー「フォードF-150」のハイパフォーマンスバージョンにあたる「ラプター」を、まさかの日本で試乗。荒野を走破するためだけに開発されたモンスターの、意外な一面をリポートする。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.4.16 試乗記 スタイルも中身も一新! 攻めのデザインをまとって登場した、新型「アストンマーティン・ヴァンテージ」。アストンきってのリアルスポーツは、どれほどの走りを見せるのか? ポルトガル・アルガルベサーキットで、その実力を解き放った。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る