フォード、「エクスプローラー」の安全性を向上

1999.03.25 自動車ニュース
 
 
990325_047.gif

フォード、「エクスプローラー」の安全性を向上(3/25)

フォードセールスジャパンは「フォードエクスプローラー」の商品改良を行なった。眼目はサイドエアバッグ標準装備による安全性の向上などにある。

新型「フォードエクスプローラー」は、「エディバウアー」「XLT」そして名称変更された「XL-Sports」の3グレードからなる。ドライブトレインは全車共通して4リッターV6に電子制御5段オートマチックの組合せとなる。今回の改良における特徴は、安全性の向上、一部外観の変更、装備の充実などである。

全車共通しているのは、コンピュータユニットの変更で従来より3馬力アップして213馬力となったエンジン出力、前席のバックレストにビルトインされたサイドエアバッグ、丸型フォグランプを埋め込んだフロントバンパー、デザイン変更されたホイールリップモールディング、ボディサイドモールディング、ランニングボード、ルーフラック、さらに新しいシート生地などである。

最上級グレードの「エディバウアー」(419.5万円)では、16インチアルミホイールの新採用、ランニングボードに足元照明の追加、塗りわけ部分を見直されてスポーティ感と高級感が強調されたツートンペイントなどが特徴だ。

「XLT」(369.5万円)では「エディバウアー」と同タイプの16インチアルミホイールが採用された。またベーシックグレードは従来のXLから「XL-Sports」(319.5万円)と名称変更され、ボディ同色フロントグリル、ルーフラック、ランニングボード、15インチクロムメッキスチールホイールが新たに装備された。

「XL-Sports」のボディ同色フロントグリルは、アメリカっぽくてちょっといいかんじである。さらに、日本でも米国のように、2WDが設定されていれば価格的にも嬉しいのだが。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
エクスプローラーフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラーXLTエコブースト(FF/6AT)【レビュー】 2015.10.16 試乗記 大規模な改良を受けた「フォード・エクスプローラー」に試乗。2リッターエコブーストエンジンが2.3リッターに換装されて力強さを増し、フロントグリルの存在感が強まった最新型は、こんな「悩み」を抱えている人にお薦めだ。
  • フォード・エクスプローラー XLTエコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2012.2.26 試乗記 フォード・エクスプローラー XLTエコブースト(FF/6AT)
    ……440万円

    「エクスプローラー」に、ターボ、直噴、可変バルブタイミング機構を組み合わせた次世代エンジン「EcoBoost(エコブースト)」搭載グレードが追加された。フォード最新低燃費モデルの走りを試す。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る