フォード、「エクスプローラー」の安全性を向上

1999.03.25 自動車ニュース
 
 
990325_047.gif

フォード、「エクスプローラー」の安全性を向上(3/25)

フォードセールスジャパンは「フォードエクスプローラー」の商品改良を行なった。眼目はサイドエアバッグ標準装備による安全性の向上などにある。

新型「フォードエクスプローラー」は、「エディバウアー」「XLT」そして名称変更された「XL-Sports」の3グレードからなる。ドライブトレインは全車共通して4リッターV6に電子制御5段オートマチックの組合せとなる。今回の改良における特徴は、安全性の向上、一部外観の変更、装備の充実などである。

全車共通しているのは、コンピュータユニットの変更で従来より3馬力アップして213馬力となったエンジン出力、前席のバックレストにビルトインされたサイドエアバッグ、丸型フォグランプを埋め込んだフロントバンパー、デザイン変更されたホイールリップモールディング、ボディサイドモールディング、ランニングボード、ルーフラック、さらに新しいシート生地などである。

最上級グレードの「エディバウアー」(419.5万円)では、16インチアルミホイールの新採用、ランニングボードに足元照明の追加、塗りわけ部分を見直されてスポーティ感と高級感が強調されたツートンペイントなどが特徴だ。

「XLT」(369.5万円)では「エディバウアー」と同タイプの16インチアルミホイールが採用された。またベーシックグレードは従来のXLから「XL-Sports」(319.5万円)と名称変更され、ボディ同色フロントグリル、ルーフラック、ランニングボード、15インチクロムメッキスチールホイールが新たに装備された。

「XL-Sports」のボディ同色フロントグリルは、アメリカっぽくてちょっといいかんじである。さらに、日本でも米国のように、2WDが設定されていれば価格的にも嬉しいのだが。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
エクスプローラーフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR>
  • フォード・エクスプローラーXLTエコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.4 試乗記