「ミラージュディンゴ」に「赤ちゃん仕様」

1999.03.29 自動車ニュース
 
 
990329_052.gif

「ミラージュディンゴ」に「赤ちゃん仕様」(3/29)

三菱自動車は、「ミラージュディンゴ」に「マーブル」を追加した。赤ちゃんや、小さな子供をもつ母親に便利な装備を加えている。

3月23日に発売された「ミラージュディンゴ マーブル」は、赤ちゃんや小さな子供がいる母親向けに、便利な装備を追加した特別仕様車。トランクルームにはベビーカーをたたんで固定するアタッチメントがつけられ、室内では抗菌消臭シートカバー(ティッシュやウェットティッシュを収納できるポケット付)や、後席のレッグスペースに装着して、広い平面をつくる「フラットクッション」(靴入れ付)、オムツ替えに便利な「はっ水シート」などが装備されている。

リアドアとバックドアにはカーテンが与えられ、バックドア左上には、運転中に振り返らなくても後席が確認できる「赤ちゃん見えるミラー」もついている。夜間でも困らないように、ルームライトは大型で明るいものに変更されている。また、半ドア状態の時に「メリーさんの羊」が流れる「半ドアメロディ」なる装備もある。クマのイラストが配された、専用ステッカーやフロアマットなども装備されている。

「マーブル」は「ミラージュディンゴ」の「ディンゴ」、「Mスタイル」「Sスタイル」の3グレードに設定されている。価格はそれぞれベース車の11万円高となる。

三菱は、軽自動車の「トッポBJ」にも「マーブル」仕様を設定している。発表会で聞いた話では、「マーブル」の企画は女性スタッフのアイデアだそうだ。それはすばらしいことだと思うのだけれど、ひとつ心配なのは、「マーブル」を買って、こどもが大きくなってからはどうしたらいいのか、ということ。ベビーカーみたいに個人売買でリサイクルした方がいいのだろうか。(Web CG スヤマ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミラージュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 顔立ち一新、三菱ミラージュがマイナーチェンジ 2015.12.18 自動車ニュース 三菱がコンパクトカー「ミラージュ」をマイナーチェンジし、2016年1月14日に発売する。改良の内容は転支援システム「e-Assist」の採用や内外装デザインの変更など、装備の強化と内外装の質感の向上が主となっている。価格は138万240円~148万5000円。
  • 三菱ミラージュ1.2G(FF/CVT)【試乗記】 2015.2.6 試乗記 三菱のコンパクトカー「ミラージュ」に、1.2リッターエンジンを搭載した新グレードが登場。試乗を通して、日本で求められるコンパクトカーのあり方を考えた。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
ホームへ戻る