特別装備の「チェロキークラシック」限定発売

1999.03.30 自動車ニュース
 
 
990330_054.gif

特別装備の「チェロキークラシック」限定発売(3/30)

クライスラージャパンセールスは外装と内装に特別装備をもりこんだ「ジープチェロキークラシック」を4月1日より発売する。

「ジープチェロキークラシック」は1999年型チェロキーリミテッドをベースにした特別仕様車だ。ボディ同色バンパー、ルーフレール、リアディープティンテッドグラス、サスペンションセッティングなどはリミテッドのものを受け継ぎつつ、専用アルミホイールに225/75R15「スポーツ用」タイヤ、専用エンブレムを装備している。

内装は、キャメルカラーインテリアをはじめ、キャメルカラーファブリック仕様の電動シート、革巻ステアリングホイール、オーバーヘッドコンソール、インフィニティ製6スピーカーを特徴としている。

「ジープチェロキークラシック」は全長x全幅x全高=4255x1765x1620ミリの4ドアボディに、190馬力を発生する4リッター直列6気筒OHVエンジンを搭載している。トランスミッションは4段オートマチック、駆動方式は2WDにも切り換えられるパートタイム4WDである。価格は299.9万円だ。

僕はチェロキーのデザインがすごく好きで、街でみていても全然あきない。ギブソンのギターとかTシャツとかマッキントッシュのオーディオみたいなものである。日本で「SUVブームは去った」とか一括してくくられて、流行商品みたいなとらえかたをされては不幸だなあ、とつくづく思うのだが。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
チェロキージープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(ジープ) 2017.12.4 画像・写真 いよいよ登場した新型「ラングラー」に、700psオーバーのモンスターSUV「グランドチェロキー トラックホーク」の姿も。ロサンゼルスオートショー2017の会場から、話題満載のジープブースの様子を写真でリポートする。
  • 【LAショー2017】ジープ、新型「ラングラー」をお披露目 2017.11.6 自動車ニュース FCAがロサンゼルスオートショーで新型「ジープ・ラングラー」を世界初公開すると発表した。今回の新型は、従来モデルから伝統的な意匠を受け継ぎつつ、より低燃費なパワートレインや、先進の安全装備などが取り入れられるという。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(4WD/6AT)/CX-8 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.18 試乗記 マツダから3列シートの新型SUV「CX-8」が登場。既存のミニバンに代わる多人数乗車モデルであるとともに、「アテンザ」と並ぶ同社のフラッグシップという役割も課せられたニューモデルの実力をリポートする。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る