特別装備の「チェロキークラシック」限定発売

1999.03.30 自動車ニュース
 
 
990330_054.gif

特別装備の「チェロキークラシック」限定発売(3/30)

クライスラージャパンセールスは外装と内装に特別装備をもりこんだ「ジープチェロキークラシック」を4月1日より発売する。

「ジープチェロキークラシック」は1999年型チェロキーリミテッドをベースにした特別仕様車だ。ボディ同色バンパー、ルーフレール、リアディープティンテッドグラス、サスペンションセッティングなどはリミテッドのものを受け継ぎつつ、専用アルミホイールに225/75R15「スポーツ用」タイヤ、専用エンブレムを装備している。

内装は、キャメルカラーインテリアをはじめ、キャメルカラーファブリック仕様の電動シート、革巻ステアリングホイール、オーバーヘッドコンソール、インフィニティ製6スピーカーを特徴としている。

「ジープチェロキークラシック」は全長x全幅x全高=4255x1765x1620ミリの4ドアボディに、190馬力を発生する4リッター直列6気筒OHVエンジンを搭載している。トランスミッションは4段オートマチック、駆動方式は2WDにも切り換えられるパートタイム4WDである。価格は299.9万円だ。

僕はチェロキーのデザインがすごく好きで、街でみていても全然あきない。ギブソンのギターとかTシャツとかマッキントッシュのオーディオみたいなものである。日本で「SUVブームは去った」とか一括してくくられて、流行商品みたいなとらえかたをされては不幸だなあ、とつくづく思うのだが。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
チェロキージープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • ジープ・コンパス ロンジチュード(FF/6AT)/コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2017.11.10 試乗記 ジープの都会派SUV「コンパス」がフルモデルチェンジして2代目に。オンロード走行もソツなくこなす“アーバン系ジープ”の最新モデルの出来栄えやいかに? 他ブランドのSUVにはない、ジープならではの魅力を探った。
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(ジープ) 2017.12.4 画像・写真 いよいよ登場した新型「ラングラー」に、700psオーバーのモンスターSUV「グランドチェロキー トラックホーク」の姿も。ロサンゼルスオートショー2017の会場から、話題満載のジープブースの様子を写真でリポートする。
  • ジュネーブモーターショー2018(その26) 2018.3.11 画像・写真 2018年3月6日に開幕した第88回ジュネーブ国際モーターショー。FCA傘下のジープブランドは新型「ラングラー」と「チェロキー」のマイナーチェンジモデルを欧州初公開した。その姿を写真で紹介する。
  • ジープ・ラングラー/ラングラー アンリミテッド【試乗記(前編)】 2007.3.16 試乗記 ジープ・ラングラー/ラングラー アンリミテッド

    「ジープ・ラングラー」が10年ぶりにフルモデルチェンを受け、2007年3月16日発売された。新たに4ドアモデルが追加された新型に試乗。まずはその変更内容から。
ホームへ戻る