120馬力の「シトロエンサクソVTS」新発売

1999.03.30 自動車ニュース
 
 
990330_056.gif

120馬力の「シトロエンサクソVTS」新発売(3/30)

シトロエンのインポーターである新西武自動車販売では、「シトロエンサクソ」のスポーツモデル「サクソVTS」を4月1日より販売する。

「シトロエンサクソVTS」は120馬力を発生する1.6リッター4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載した小型スポーティハッチバックだ。5段マニュアルトランスミッション、左ハンドルが標準で、ボディは2ドアとなる。

外観上の特徴は、フォグランプ組み込みのフロントエアダムバンパー、オーバーフェンダー、サイドスカート、専用アルミホイールと185/55R14アルミホイールがあげられる。内装面では、ブルーメーターパネルを特徴とする。価格は229.0万円だ。チルトアップ機構付き手動ガラスサンルーフが6万円のオプションで用意される。

これまでシャンソンという日本名をつけて輸入されていた「サクソ」のスポーティモデルが日本上陸である。オーバーフェンダーに魅力を感じていたファンも少なからずいたようだ。ちなみに車名の「サクソ」とはフランス語でサクソフォンのことである。デビュー当時の本国のカタログには音楽家がいろいろとフィーチャーされていたが、いまは出ていない。まあ、いいのだけれど。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC3/C3 WRCコンセプト/CXPERIENCE 2016.9.29 画像・写真 グループPSAはパリモーターショー2016で、新型「シトロエンC3」や2017年のWRCに投入予定の「C3 WRCコンセプト」、次世代サルーンのデザインコンセプト「CXPERIENCE」ほかを公開する。その姿を画像で紹介。
  • シトロエンC3 2016.6.30 画像・写真 仏シトロエンが新型「C3」の概要を発表した。外観はAセグメントの「C1」やクロスオーバー車の「C4カクタス」に通じるデザインで、ドアパネルにはポリウレタン製のエアクッションを装着できる。個性的なルックスの新型「C3」を写真で紹介する。
  • 【ニューヨークショー2017】ホンダ、「クラリティ フューエルセル」のPHEV版とEV版を出展 2017.3.9 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年3月8日(現地時間)、2017年ニューヨーク国際オートショー(開催期間:2017年4月12日~23日)への出展概要を発表した。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
ホームへ戻る