120馬力の「シトロエンサクソVTS」新発売

1999.03.30 自動車ニュース
 
 
990330_056.gif

120馬力の「シトロエンサクソVTS」新発売(3/30)

シトロエンのインポーターである新西武自動車販売では、「シトロエンサクソ」のスポーツモデル「サクソVTS」を4月1日より販売する。

「シトロエンサクソVTS」は120馬力を発生する1.6リッター4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載した小型スポーティハッチバックだ。5段マニュアルトランスミッション、左ハンドルが標準で、ボディは2ドアとなる。

外観上の特徴は、フォグランプ組み込みのフロントエアダムバンパー、オーバーフェンダー、サイドスカート、専用アルミホイールと185/55R14アルミホイールがあげられる。内装面では、ブルーメーターパネルを特徴とする。価格は229.0万円だ。チルトアップ機構付き手動ガラスサンルーフが6万円のオプションで用意される。

これまでシャンソンという日本名をつけて輸入されていた「サクソ」のスポーティモデルが日本上陸である。オーバーフェンダーに魅力を感じていたファンも少なからずいたようだ。ちなみに車名の「サクソ」とはフランス語でサクソフォンのことである。デビュー当時の本国のカタログには音楽家がいろいろとフィーチャーされていたが、いまは出ていない。まあ、いいのだけれど。(Web CG オガワ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • シトロエン、「C3」をフルモデルチェンジ 2017.7.7 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年7月7日、新型「シトロエンC3」を発表し、同日発売した。1.2リッター直3ガソリンターボ(110ps、205Nm)+6段ATのみの設定で、ハンドル位置は右。車両価格は216万円から。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る