BMW、400馬力の「M5」を発売

1999.04.02 自動車ニュース
 
 
990402_008.gif

BMW、400馬力の「M5」を発売(4/2)

ビーエムダブリューは、400馬力V8エンジンに6段ギアボックスを搭載したスポーツサルーン、新型「M5」を発売する。

新型「BMW M5」は同社のアッパーミドルクラス4ドアサルーン、5シリーズをベースに開発されたスポーティモデルだ。400馬力の最高出力を発生する5リッターV8DOHCエンジン(S62)は専用のマネージメントシステム、可変バルブタイミング機構、電子制御スロットルを搭載している。ボタン操作でエンジン特性をスポーティ志向、快適志向と変えられるのも「M5」ならではだ。

トランスミッションは気持ちのいい操作感がうりものの6段マニュアルで、トラクションコントロールおよびリミテッドスリップデフが組み合わせられている。さらに、1.2Gという旋回Gを発生させることの出来る専用セッティングのスポーツサスペンションや前後フローティングマウントの大径ディスクブレーキなどBMW M社の徹底的なチューンが施されている。

外観上の特徴は、丸型フォグランプがビルトインされたフロントエアダムと、前245/40ZR18、後275/35ZR18というサイズのタイヤと組み合わされたサテンクローム仕上げの軽合金ホイール、4本のテールパイプ、クロームメッキされたキドニーグリル、専用デザインのドアミラー、そしてエンブレムとなる。「控え目という(中略)ポリシー」(広報資料)によるものだそうだ。

デリバリー開始は6月初旬で、今年度の販売目標は50台という。価格は1350.0万円だ。

横方向加速度が1.2Gというのはスゴイ。「最近までオンロードカーでは不可能な値」(BMW)というのはホントウだ。こういうクルマは東京の首都高速2号線よりはサーキットのほうが楽しそうである。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
M5セダンBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【レビュー】 2017.11.10 試乗記 アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」がいよいよ日本の道に現れた。510psを誇るフラッグシップの「クアドリフォリオ」。その走りに、ドライバーを鼓舞する、あのアルファならではの“クオーレスポルティーボ”はあるのだろうか?
  • BMW 435iグランクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.9 試乗記 拡大を続けるBMWのラインナップに、ハッチゲートを持つ“4ドアクーペ”が加えられた。このクルマを選ぶポイントはどこか? 走りや乗り心地はどうなのか? ストレート6を搭載するスポーティーモデルで確かめた。
  • BMW 428iグランクーペ ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2014.7.14 試乗記
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記