VW、パサート「教習車」を値下げ

1999.04.05 自動車ニュース
 
 
990405_012.gif

VW、パサート「教習車」を値下げ(4/5)

フォルクスワーゲンジャパンは「パサート1.8」の自動車教習所用「教習車」仕様の価格を約40万円値下げした。

「パサート」の教習車は、「一般練習/高速教習車」と「検定車」の2種類が用意されている。いずれも「パサート1.8」をベースにした、右ハンドル4AT仕様だ。教習車としての装備としては、教官用補助ブレーキ、教官用の各種ミラー、仮免プレートブラケット(前後)、インジケーターランプやホーンスイッチ、バックブザーが追加されている。今回からフェンダーポールも前後左右に装着された。また「検定車」には教官用デジタルメーターも装備されている。

価格は「一般練習/高速教習車」が297.5万円、「検定車」が304.5万円。以前に比べて約40万円の値下げが行われている。フォルクスワーゲンジャパンによれば「たぐいまれな基本性能を兼ね備えたパサートの特徴を、運転の第一歩を学ばれている自動車教習所の皆様に体感していただくため」値下げに踏み切ったという。

今回の値下げで、「一般練習/高速教習車」は、専用装備がいろいろついているにもかかわらず、スタンダードの「パサート1.8」と同価格となっている。だったら、一般のドライバーも教習車を買った方がトクなような気がするのだが。(Web CG スヤマ)

 
 

関連キーワード:
パサートフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.15 試乗記 長年にわたって代を重ねてきた、トヨタのFFセダン「カムリ」。「前例のない変革」を掲げて開発された新型は、どんなクルマに仕上がったのか。最上級グレード「G“レザーパッケージ”」に試乗して確かめた。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTSI Rライン/パサートTSIハイライン【試乗記】 2015.7.16 試乗記 通算で8代目となる新型「フォルクスワーゲン・パサート/パサートヴァリアント」に試乗。全方位的に進化して、実用性やクオリティーが一段と高まったというミドルサイズ“ワーゲン”のゴキゲン具合やいかに? 試乗会からの第一報。
  • フォルクスワーゲン・パサートTSIハイライン(FF/6MT)【海外試乗記】 2014.10.24 試乗記 フォルクスワーゲンの代表的セダン「パサート」がフルモデルチェンジ。日本にも導入が予定される、最新型の仕上がりは……? 発売に先駆け、イタリアのサルデーニャ島で試乗した。
  • 【東京モーターショー2017】フォルクスワーゲン、「パサート」のディーゼル... 2017.10.11 自動車ニュース
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)... 2017.10.6 試乗記