クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4740×1775×1650mm/ホイールベース=2750mm/車重=1620kg(参考値)/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブターボ(225ps/5600rpm、33.2kgm/4400rpm)/価格=374万8500円(テスト車=同じ)

スバル・エクシーガtS(4WD/5AT)【試乗記】

質感の高いパフォーマンス 2012.07.29 試乗記 スバル・エクシーガtS(4WD/5AT)
……374万8500円
「スバル・エクシーガ」のマイナーチェンジと同時に発売された、STIバージョンの「エクシーガtS」。新しく専用チューンされたコンプリートモデルの走りを試した。

「エクシーガ」だからできること

「スバル・エクシーガ」がデビューした2008年6月、その直後の試乗記で、「ゴハンを食べ過ぎた『レガシィツーリングワゴン』」と、スタイリングについてネガな意見を書いてしまったのは僕だ。その節は失礼いたしました。

でもその後4年間で、状況は変わった。当のレガシィ自身がゴハンをたくさん食べて(?)成長しただけではない。ミニバン人気が落ち着き、箱形ボディーにスライドドアのタイプが主流になって、デザイン重視の7シーター車はことごとく売り上げを落としている。だからこそ、頻繁に姿を見かけるエクシーガを評価したくなってきた。

ミニバンというよりも7人乗りワゴンという表現が似合いそうなスタイリングに重心の低い水平対向エンジンを積み、駆動方式は全車4WDという成り立ちはトレンドからはかけ離れているけれど、逆に走りを追求するにはベストに近い。

長い物に巻かれる傾向の強いこの国で、わが道を行くミニバンを造り続ける富士重工業と、その姿勢に共感したユーザーの存在を知るに至って、日本もまだまだ捨てたものじゃないと思うようになったのだ。

だからこそ、他のミニバンでは違和感を覚えるスポーツモデルがしっくりくる。ということで、2012年7月のマイナーチェンジと同時に、STI(スバル・テクニカ・インターナショナル)仕立てのスポーツモデル「tS」が限定300台で設定された。昨年の東京オートサロンに出展した「エクシーガ2.0GT tSコンセプト」の具体化だ。

スバルフリークならご存じだろうが、エクシーガにSTIバージョンが設定されるのは2度目だ。2009年に「2.0GT tuned by STI」が用意されたことがある。tSというネーミングはtuned by STIの略で、基本的には同じ系譜の上にある。しかしそこはSTI、従来のコンプリートカーがそうだったように、着実なバージョンアップを実施していた。

エクステリアでは、フロントスポイラーやリアアンダースポイラー、スポーツマフラーが装備され、フロント、サイド、リアには「tS」のエンブレムが配される。
エクステリアでは、フロントスポイラーやリアアンダースポイラー、スポーツマフラーが装備され、フロント、サイド、リアには「tS」のエンブレムが配される。 拡大

スバル・エクシーガtS(4WD/5AT)【試乗記】の画像 拡大
「エクシーガtS」専用の18インチアルミホイールが装備される。タイヤサイズは215/45R18。
「エクシーガtS」専用の18インチアルミホイールが装備される。タイヤサイズは215/45R18。 拡大

本格的なチューニング

STIのコンプリートカーには、「S206」や「R205」のような「Sシリーズ」「Rシリーズ」と、今回試乗した「tSシリーズ」がある。パワーユニットにも手を入れたS/Rシリーズに対し、tSは同じ名前の「レガシィ」や「フォレスター」同様、シャシーとボディーへのモディファイが主眼となる。とはいえチューニングの内容はかなり本格的だ。

2リッターターボエンジンを積む「2.0GT」がベースなのは前作「tuned by STI」と共通。具体的には、フロントサスペンションに倒立式ストラットやフレキシブルタワーバー、アンダーサポートを採用し、リアにはピロボールブッシュサスペンションリンクやアンダーフレキシブルサポートを装備する点までは同じ。でも今回のtSはそれだけではない。フロントのフロアにフレームとステアリング系を結ぶフレキシブルドロースティフナーを追加するとともに、ブレーキは前後ともブレンボ製に換え、ホイール/タイヤは17インチから18インチに拡大しているのだ。

東京・三鷹にあるSTI本社で対面した実車は、フロントのアンダースポイラーと大径ホイール、そのホイールの間からのぞくSTIのロゴを入れたブレーキキャリパーのおかげで、精悍(せいかん)そのもの。ミニバンというと足元が貧弱に見えがちだけれど、エクシーガtSに限ってはそれがなく、背の高いスポーツワゴンといった雰囲気が漂う。

チェリーレッドのステッチが入ったレザーとアルカンターラのコンビシート、専用ステアリングとセレクターレバーなどからなるインテリアも、ミニバンにしてはインパネが高くシートが低いポジションのため、スポーツワゴンっぽい。シート形状はスタンダードのエクシーガと基本的に共通だが、サポート性能に不満はなかった。

220km/hから240km/hまで目盛りが増やされたスピードメーターを前にしつつ、STIを象徴する赤いスタートボタンを押すと、背後からからボボボ……という、昔の「インプレッサWRX」あたりを思わせる鼓動が伝わってきた。これは手ごわそうだ。ところが高速道路に向けて一般道を進むうちに、急速に印象が変化していった。

専用本革巻きステアリングホイールは赤いステッチとSTIオーナメント入り。そのほか、スポーツルミネセントメーターやSTIロゴ入りATセレクター、赤いエンジンスイッチなどが「tS」の特徴。
専用本革巻きステアリングホイールは赤いステッチとSTIオーナメント入り。そのほか、スポーツルミネセントメーターやSTIロゴ入りATセレクター、赤いエンジンスイッチなどが「tS」の特徴。 拡大
専用スピードメーターは、ベースモデル「エクシーガ」の220km/hに対し、「エクシーガtS」は240km/hまで表示する。
専用スピードメーターは、ベースモデル「エクシーガ」の220km/hに対し、「エクシーガtS」は240km/hまで表示する。 拡大
レッドステッチが施された本革とアルカンターラのコンビシート。フロントシートには「STI」ロゴ刺しゅうも。
レッドステッチが施された本革とアルカンターラのコンビシート。フロントシートには「STI」ロゴ刺しゅうも。 拡大
ボディーカラーは、「tS」専用色のWRブルーマイカのほか、サテンホワイトパール、クリスタルブラックシリカ、アイスシルバーメタリック(写真)の全4色が用意される。
ボディーカラーは、「tS」専用色のWRブルーマイカのほか、サテンホワイトパール、クリスタルブラックシリカ、アイスシルバーメタリック(写真)の全4色が用意される。
拡大

リラックスした走りと乗り心地

エクシーガは、ミニバンとしては異例にしなやかな乗り心地が自慢のひとつだが、tSもそれと変わらぬフィーリングを届けてくれるのだ。車高を10mm低め、215/45R18のポテンザRE050Aを履いているとは思えない。高速道路ではもっとダンピングを強めてもいいのでは? と思ったほど。倒立式ストラットのスムーズな動きも貢献しているのだろう。とにかく名前と音から想像するよりずっと快適だ。

それでいて直進安定性は、同じ日に乗ったスタンダードのエクシーガより明確に優れていて、フレキシブルドロースティフナーの効果を実感した。山道に入ると、ターンインこそ穏やかだが、その後はしっとりした接地感はそのままに姿勢変化を抑えてくれるので、コーナリングのリズムがつかみやすくなった気がする。ブレーキはさすがブレンボ製といった感じで、ググッという感触とともに確実に速度を落としてくれた。

パワートレインは2.0GTで抱いた印象どおり。スバルのターボとしては低回転からリニアにトルクを盛り上げてくれるので、リラックスして走れる。でも乗り心地はそれ以上にリラックスできた。それはSTIの狙った路線でもあった。試乗後にエンジニアに聞くと、3列シート7人乗りということで、レガシィやフォレスターのtSよりもファミリーユースを考慮したという。納得である。

今のSTIは単なるチューニング集団ではない。BMWの「M」やフィアットの「アバルト」、ルノーの「ルノースポール」などに匹敵する、質の高いハイパフォーマンスを生み出すブランドに変貌しつつある。今回乗ったエクシーガtSからも、その変化が伝わってきた。

次のモデルでは今回のマイナーチェンジでエクシーガに設定されたアイサイトやアイドリングストップを採用して、安全性能や環境性能でも一歩上を目指してほしい。

(文=森口将之/写真=荒川正幸)

ベースとなる「エクシーガ2.0GT」と同じく225psを発生する2リッターターボエンジンを搭載。エンジンルーム後方にはフレキシブルタワーバーが備わる。
ベースとなる「エクシーガ2.0GT」と同じく225psを発生する2リッターターボエンジンを搭載。エンジンルーム後方にはフレキシブルタワーバーが備わる。 拡大
6:4分割可倒式の2列目シートは前後スライド、リクライニングが可能。3列目は5:5分割可倒式で、こちらもリクライニング機能を持つ。さらに、シートバックを前に倒すと座面が沈み込むフォールドダウン機構を備える。
6:4分割可倒式の2列目シートは前後スライド、リクライニングが可能。3列目は5:5分割可倒式で、こちらもリクライニング機能を持つ。さらに、シートバックを前に倒すと座面が沈み込むフォールドダウン機構を備える。 拡大
スバル・エクシーガtS(4WD/5AT)【試乗記】の画像 拡大
スバル・エクシーガtS(4WD/5AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
エクシーガスバル試乗記

あなたにおすすめの記事