ヤナセ「アストロ」にキャンプ仕様など追加

1999.04.06 自動車ニュース
 
 
990406_014.gif

ヤナセ「アストロ」にキャンプ仕様など追加(4/6)

ヤナセは「シボレーアストロ」にフルフラットシート仕様と、これを基にしたキャンピング仕様を追加した。382.0万円と398.0万円。

今回ヤナセが「シボレーアストロ」シリーズに導入するのは「アストロLT 4WD フルフラットパッケージ」と、「アストロLT 4WDフォレシエスタ」の2車種。5月8日より販売を開始する。「アストロLT 4WD フルフラットパッケージ」は「アストロLT 4WD」のセカンド、サードシートを倒してフルフラットにできるようにしたモデル。価格はベース車より19万円高い382.0万円だ。ヤナセでは販売目標台数を年間150台としている。

「アストロLT 4WD フォレシエスタ」は、上の「フルフラットパッケージ」をベースに、簡易ベッド、コンロ、シンク、ウッドキャビネットなどを取り付けたキャンピング仕様車だ。それゆえ、いわゆる「800ナンバー」登録となる。価格はベース車16万円高の398.0万円。販売目標台数は350台とのことだ。なお、どちらの仕様も「アイボリーホワイト」ほか5色のボディカラーが選択でき、本革シートも16万円のオプションで設定できる。

キャンピング仕様のほうが200台も販売目標台数が多いというあたりに、いわゆる時代の「気分」を感じる。買う人全員がキャンプに行きたくて買うのではなくて、「800ナンバー」で維持費が安いし、その上キャンピングカーにもなって得だから……という気持ちの人も少なからずいるのだろう。(Web CG スヤマ)

 
 

関連キーワード:
アストロシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・アストロ LS 4WD(4AT)【ブリーフテスト】 2001.8.4 試乗記 ……346.0万円
    総合評価……★★★★




  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
  • ホンダ・クロスカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.4.21 試乗記 ビジネス用途の「スーパーカブ」をベースに開発された、ホンダの小型バイク「クロスカブ」。その最新型は、「単なるバリエーションモデル」と割り切れない、独自の魅力を持っていた。
  • フィアット500Xポップスタープラス(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.13 試乗記 「500」ゆずりのユニークなスタイリングが特徴のコンパクトSUV「フィアット500X」が、いよいよ日本に上陸。フィアットとクライスラーの“初めての共同作業”が生んだニューモデルの実力はいかなものか。FFの上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
ホームへ戻る