ヤナセ「アストロ」にキャンプ仕様など追加

1999.04.06 自動車ニュース
 
 
990406_014.gif

ヤナセ「アストロ」にキャンプ仕様など追加(4/6)

ヤナセは「シボレーアストロ」にフルフラットシート仕様と、これを基にしたキャンピング仕様を追加した。382.0万円と398.0万円。

今回ヤナセが「シボレーアストロ」シリーズに導入するのは「アストロLT 4WD フルフラットパッケージ」と、「アストロLT 4WDフォレシエスタ」の2車種。5月8日より販売を開始する。「アストロLT 4WD フルフラットパッケージ」は「アストロLT 4WD」のセカンド、サードシートを倒してフルフラットにできるようにしたモデル。価格はベース車より19万円高い382.0万円だ。ヤナセでは販売目標台数を年間150台としている。

「アストロLT 4WD フォレシエスタ」は、上の「フルフラットパッケージ」をベースに、簡易ベッド、コンロ、シンク、ウッドキャビネットなどを取り付けたキャンピング仕様車だ。それゆえ、いわゆる「800ナンバー」登録となる。価格はベース車16万円高の398.0万円。販売目標台数は350台とのことだ。なお、どちらの仕様も「アイボリーホワイト」ほか5色のボディカラーが選択でき、本革シートも16万円のオプションで設定できる。

キャンピング仕様のほうが200台も販売目標台数が多いというあたりに、いわゆる時代の「気分」を感じる。買う人全員がキャンプに行きたくて買うのではなくて、「800ナンバー」で維持費が安いし、その上キャンピングカーにもなって得だから……という気持ちの人も少なからずいるのだろう。(Web CG スヤマ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・アストロ LS 4WD(4AT)【ブリーフテスト】 2001.8.4 試乗記 ……346.0万円
    総合評価……★★★★




  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • シボレー「アストロ」「ブレイザー」の2001年モデル発売 2000.11.29 自動車ニュース 日本ゼネラルモーターズは、シボレーのミニバン「アストロ」およびSUV「ブレイザー」の2001年モデルを発表、2000年12月2日から発売する。主な変更点は次のとおり。■シボレーアストロ「LS 2WD」は、リモコンキーレスエントリーとディープティンテッドガラスを追加装備しながら、価格据え置きの299.0万円。「LS 4WD」には、クロームメッキのスチールホイールを標準装備して、346.0万円。「LT」には、後席オーディオリモコンを追加して、395.0万円となった。ドライブとレインは、いすれも4.3リッターV6エンジン(193ps、34.6kgm)+4段ATと従来どおり。すべて左ハンドルとなる。ベッドやガスコンロなどを標準装備するキャンピングカーシリーズ「フォレシエスタ」は、「LS」が365.0万円、「LT」が414.0万円。■シボレーブレイザーベーシックモデル「LS」を、旧モデルより30万円安くし、300万円を切る298.0万円に設定。ライバルとなるフォード・エクスプローラー(319.5万円〜)に対抗する。装備面では、6連奏マルチCDチェンジャーを追加装備したのが唯一の変更点。4.3リッターV6エンジン(193ps、34.6kgm)、4段AT、パートタイム4WDの組み合わせも旧モデルから引き継ぐ。ステアリング位置はすべて右だ。価格は、「LS」の上級グレード「LT」が349.0万円、「フォレシエスタ」の「LS」が318.0万円、「LT」が369.0万円。(web CG 有吉)「シボレー」サイト:http://www.chevrolet.co.jp/
ホームへ戻る