トヨタ、お買い得な「エスティマ」特別仕様車

1999.04.07 自動車ニュース
 
 
990407_018.gif

トヨタ、お買い得な「エスティマ」特別仕様車(4/7)

トヨタ自動車は「エスティマ」に特別仕様車「Vエクストラエディション」を設定、4月2日より発売した。

「トヨタエスティマVエクストラエディション」は「V」グレードをベースにしたもので、バンパー、大型サイドガーニッシュ、アウタードアハンドルをボディ同色としていることにくわえ、濃色グレーガラス、専用トリコットシート生地を装備している。外板色として専用にブラックメタリックの2トーンが設定されているのも特徴だ。

いっぽうで価格をおさえるために、ベースになった「V」からスライドドアイージークローザーとカセットプレイヤー一体型マルチ電子チューナー付ラジオを削減している。

エンジンは160馬力の2.4リッター4気筒DOHC+スーパーチャージャーを搭載、トランスミッションは電子制御4段オートマチックとなる。駆動方式は後輪駆動と4輪駆動の2種類となる。

価格は、後輪駆動「ミドルルーフ」が249.8万円、同「ツインムーンルーフ」が260.3万円、4WD「ミドルルーフ」が277.8万円、同「ルインムーンルーフ」が288.3万円となっている。

「エスティマ」はカッコはいいが(いまでも古臭くならないスタイリングだ)、機能性となると欧州車にはかなわない。豪華にすることのほうに気がまわりすぎた結果である。それが残念なのだが、いまではビレットグリルなどを装備したモデリスタ製のアメリカンビレットバージョンまで登場して、さらに「違う」方向にいってしまっている。そういうことなのか?と訊きたいよ、まったく。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
エスティマトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRシリーズ試乗会(後編)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 トヨタが新たに展開するコンプリートカー「GR」シリーズにサーキットで試乗。前編に続いては、ミニバンからセダン、SUVに至るまで、多くの車種で展開されるスポーツモデル“GRスポーツ”の走りを、モデルごとに報告する。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • 「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」が日本上陸 2017.9.27 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年9月26日、「メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン」を発売した。SUV譲りの高いアイポイントとロードクリアランス、ステーションワゴンの実用性を兼ね備えたクロスオーバーモデルである。
  • トヨタGRシリーズ試乗会(前編)【試乗記】 2017.9.21 試乗記 2017年9月以降、トヨタがスポーツコンバージョンモデルの開発を一段と本格化させる。その製品群「GR」シリーズとはどんなモデルなのか。今後展開される10車種に試乗、それぞれの走りを前後2編に分けて報告する。
  • アウディQ5ファーストエディション(4WD/7AT)/SQ5(4WD/8AT)【試乗記】 2017.10.17 試乗記 アウディのミドルサイズSUV「Q5」がフルモデルチェンジ。新世代プラットフォーム「MLB evo」を採用した新型が、いよいよ日本にも導入された。走りも内外装も大幅にブラッシュアップされた、2代目の出来栄えを報告する。
ホームへ戻る