トヨタ、お買い得な「エスティマ」特別仕様車

1999.04.07 自動車ニュース
 
 
990407_018.gif

トヨタ、お買い得な「エスティマ」特別仕様車(4/7)

トヨタ自動車は「エスティマ」に特別仕様車「Vエクストラエディション」を設定、4月2日より発売した。

「トヨタエスティマVエクストラエディション」は「V」グレードをベースにしたもので、バンパー、大型サイドガーニッシュ、アウタードアハンドルをボディ同色としていることにくわえ、濃色グレーガラス、専用トリコットシート生地を装備している。外板色として専用にブラックメタリックの2トーンが設定されているのも特徴だ。

いっぽうで価格をおさえるために、ベースになった「V」からスライドドアイージークローザーとカセットプレイヤー一体型マルチ電子チューナー付ラジオを削減している。

エンジンは160馬力の2.4リッター4気筒DOHC+スーパーチャージャーを搭載、トランスミッションは電子制御4段オートマチックとなる。駆動方式は後輪駆動と4輪駆動の2種類となる。

価格は、後輪駆動「ミドルルーフ」が249.8万円、同「ツインムーンルーフ」が260.3万円、4WD「ミドルルーフ」が277.8万円、同「ルインムーンルーフ」が288.3万円となっている。

「エスティマ」はカッコはいいが(いまでも古臭くならないスタイリングだ)、機能性となると欧州車にはかなわない。豪華にすることのほうに気がまわりすぎた結果である。それが残念なのだが、いまではビレットグリルなどを装備したモデリスタ製のアメリカンビレットバージョンまで登場して、さらに「違う」方向にいってしまっている。そういうことなのか?と訊きたいよ、まったく。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスティマの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ホンダ・フリード/フリード+(前編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダの小型ミニバン「フリード」が新型にフルモデルチェンジ。車名を「フリード+(プラス)」に改めた2列シートモデルとともにデビューを果たした。初代以上に、幅広いユーザーにとっての“ちょうどいい”を目指したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る