トヨタ、お買い得な「エスティマ」特別仕様車

1999.04.07 自動車ニュース
 
 
990407_018.gif

トヨタ、お買い得な「エスティマ」特別仕様車(4/7)

トヨタ自動車は「エスティマ」に特別仕様車「Vエクストラエディション」を設定、4月2日より発売した。

「トヨタエスティマVエクストラエディション」は「V」グレードをベースにしたもので、バンパー、大型サイドガーニッシュ、アウタードアハンドルをボディ同色としていることにくわえ、濃色グレーガラス、専用トリコットシート生地を装備している。外板色として専用にブラックメタリックの2トーンが設定されているのも特徴だ。

いっぽうで価格をおさえるために、ベースになった「V」からスライドドアイージークローザーとカセットプレイヤー一体型マルチ電子チューナー付ラジオを削減している。

エンジンは160馬力の2.4リッター4気筒DOHC+スーパーチャージャーを搭載、トランスミッションは電子制御4段オートマチックとなる。駆動方式は後輪駆動と4輪駆動の2種類となる。

価格は、後輪駆動「ミドルルーフ」が249.8万円、同「ツインムーンルーフ」が260.3万円、4WD「ミドルルーフ」が277.8万円、同「ルインムーンルーフ」が288.3万円となっている。

「エスティマ」はカッコはいいが(いまでも古臭くならないスタイリングだ)、機能性となると欧州車にはかなわない。豪華にすることのほうに気がまわりすぎた結果である。それが残念なのだが、いまではビレットグリルなどを装備したモデリスタ製のアメリカンビレットバージョンまで登場して、さらに「違う」方向にいってしまっている。そういうことなのか?と訊きたいよ、まったく。(Web CG オガワ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
ホームへ戻る