トヨタ、高級感のある「ガイア」特別仕様車発売

1999.04.07 自動車ニュース
990407_019.gif

トヨタ、高級感のある「ガイア」特別仕様車発売(4/7)

トヨタ自動車は「ガイア」に特別仕様車「リミテッド」を設定、4月2日より発売した。

「トヨタガイアリミテッド」の外観上の特徴は、ゴールド色の表面処理をした専用カラードグリルをはじめ、カラードアルミホイール、プライバシーガラス、専用ストライプテープなどにある。外板色としてダークブルーマイカの専用色も設定されている。

内装面では、オプティトロンメーター、合皮巻ステアリングホイール、防汚加工をした専用スウェード調シート表皮などが与えられた。トヨタによるとこれらの装備で「高級感を高め」(広報資料)ているとしている。

エンジンは135馬力を発生する2リッター4気筒DOHC「3S-FE」で、これにコラム式の電子制御4段ATが組み合わせられている。駆動方式は前輪駆動と4輪駆動の2種類だ。価格は前輪駆動6人乗りおよび7人乗りが215.0万円、4輪駆動6人乗りおよび7人乗りが239.0万円だ。

多機能性が最大のウリ(のはず)の「ガイア」でも「高級感」をうりものにするというのは、ちょっと残念な気がする。昨今の市場における「高級志向」はいかがなものかと思う今日このごろだ。でもテレビコマーシャルに出てくるトロの握りはあんまり高級なかんじがなくて、ちょっとホッとしているが......。(Web CG オガワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。