トヨタ、「セルシオ」の10周年記念特別車発売

1999.04.07 自動車ニュース
 
 
990407_020.gif

トヨタ、「セルシオ」の10周年記念特別車発売(4/7)

トヨタ自動車は「セルシオ」誕生10周年を記念した特別仕様車「10th Anniversary Edition」を設定し、5月6日より発売する。受注は4月から7月までの「期間限定」という。

「トヨタセルシオ10th Anniversary Edition」は「B仕様」および「C仕様」をベースに開発されたものだ。外板色に専用色ホワイトパールマイカをふくむ6色を設定することをはじめ、BBS社製アルミホイール、トップシェード付リアウィンドウ、専用色グレーブラックも設定された本木目パネルおよびステアリングホイールとシフトノブ、「10th Anniversary」のロゴが入った専用キー、専用本革張り車検証入れなどが採用されている。「C仕様」にはブラックの内装色も設定されている。

「B仕様eRバージョン10th Anniversary Edition」は608.0万円(東京)、「C仕様10th Anniversary Edition」は633.0万円(同)だ。いずれも4リッターV8「1UZ-FE」エンジンに電子制御5段ATを搭載している。

「セルシオ」といえばデビュー当時はメルセデスを徹底解析したうえに、クルマづくりの根本から見直す「源流主義」を採用するなどして、話題をまいたものだ。モデルチェンジを経て、いまではクラウンとの共用パーツが増えてしまった。10年たってただのひと、じゃなかった、フツウのクルマになってしまった、ともいえる。バブルの時代でなくてもいいクルマづくりは続けてほしい、と思う。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

セルシオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
  • トヨタ・プレミオ1.5F(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2007.7.17 試乗記 ……208万50円
    総合評価……★★★★

    フルモデルチェンジした2代目「プレミオ/アリオン」。スポーティなアリオンに対して、上品さをウリにするプレミオの1.5リッターモデルに試乗した。
  • トヨタ・ルーミーG“S”(FF/CVT)【試乗記】 2017.1.30 試乗記 「スズキ・ソリオ」の独占状態だったコンパクトハイトワゴン市場に、満を持して投入されたトヨタのコンパクトカー「ルーミー」。実際に試乗してみたら……? 走りの質感や使い勝手、さらに燃費の計測結果を報告する。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
ホームへ戻る