サターン、クーペのナビ仕様を限定発売

1999.04.09 自動車ニュース
990409_027.gif

サターン、クーペのナビ仕様を限定発売(4/9)

サターンジャパンは2ドアクーペに「SC2ナビゲーションスペシャル」を追加、4月9日より発売する。4月でサターン車が日本での発売開始2周年をむかえたことを記念したものという。

2周年記念の「第一弾」として発売される「SC2クーペナビゲーションパッケージ」は2ドアクーペ(3ドアにあらず)をベースにしたものだ。ナビゲーション内蔵AVシステムおよび8連奏CDチェンジャー、ゴールドエンブレム、ボディサイドストライプ、リアバンパーデカールの専用装備をもつ。

エンジンは126馬力の2リッター4気筒DOHCを搭載、トランスミッションは5段マニュアルと4段オートマチックが用意されている。価格はスタンダードの174.0万円(5MT)および181.5万円(4AT)からとなる。全車、トラクションコントロールシステム、ABS、デュアルエアバッグ、集中ドアロック、カセットプレーヤー+AM/FMラジオ、エアコンが標準装備されている。

個人的にはサターンのオーディオはとてもいい音だと思っている。ただ中音域が強調された、ちょっと古いロック向けの特性、というかんじなので、日本のいまのポップスをCDで聴くには物足りないかもしれない。でも高音と低音を強調した日本の音づくりのほうがイビツではないかと個人的には思っている。話が本題から逸れてしまった。(Web CG オガワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。