フィアットから「2年保証」のプレゼント

1999.04.14 自動車ニュース
990414_034.gif

フィアットから「2年保証」のプレゼント(4/14)

フィアットオートジャパンは、同社の有償延長修理保証「マスターケア」を、新車購入者に無料でプレゼントする。6月30日まで。

フィアットオートジャパンの「マスターケア」は、1年間のメーカー保証期間が終了した後も、一定の料金を支払うことで、プラス2年間(または6万km)までの修理保証が受けられるというプログラム。適応期間中におきたトラブルについては、その修理にともなう部品代、工賃ともに無料となる。

「マスターケア」の価格は車種によって異なるが、プントの場合で6万100円となっている。主な保証対象部品は、エンジン、ギアボックス、サスペンション、電気/電子部品など。ただしオイルやバッテリーなどの消耗品や外装パーツ、一般定期点検整備などは対象外となる。

今回のキャンペーンは、1999年6月30日までに新規購入した人に限り、この「マスターケア」を無料でプレゼントするというもの。対象車種は、フィアットがプント スポルティング アバルト、プント カブリオ、パンダ セレクタ、バルケッタ、クーペ フィアット。アルファロメオでは156ツインスパーク/V6、GTV、スパイダーとなる。なお、フィアット ブラビッシモやクーペ フィアット リミテッド、アルファ145、156セレスピード/Qシステムは対象とならないという。

アルファといえば、156に「クワドリフォリオ」バージョンが登場するらしい。これは166と同じ3リッターV6を搭載し、260psを発する仕様だという。アルファはBMW3シリーズを本命ライバル視しており、本当はM3に対向できるよう、ターボ化などでもっとパワーを上げたかったのだが、前輪駆動ゆえ260psまでとしたという。そこまで本気になったのなら、次はトランスアクスル復活しかないでしょう。(Web CG スヤマ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。