ローバー、200万円台の「ディスカバリー」発売

1999.04.15 自動車ニュース
 
 
990415_037.gif

ローバー、200万円台の「ディスカバリー」発売(4/15)

ローバーグループジャパンでは「ランドローバーディスカバリー」に限定モデル「シリーズI」を設定、4月17日から発売する。

ローバーグループジャパンが発売する「ランドローバーディスカバリーシリーズI」は「S」および「カウンティ」をベースに開発されたもので、「SERIES I」のロゴマークが左右フロントフェンダーとセンターコンソールのパワーウィンドウスイッチベースに配されている。

エンジンは4リッターV8と2.5リッター直4直噴ディーゼルターボの2本立ての設定で、「シリーズI S」と「シリーズIカウンティ」それぞれが2種類のパワープラントを搭載する。トランスミッションは4段オートマチック、ハンドル位置は右のみだ。

「ランドローバーディスカバリーシリーズI」の最大の特徴は価格設定にある。「S」モデルが299.0万円、「カウンティ」モデルが339.0万円(V8、ガソリンともに同価格)だ。ベースモデルに対してそれぞれ40万円の引き下げとなる。加えて、購入者には希望のランドローバーアクセサリーが選べる「アクセサリークーポン」10万円ぶんがプレゼントされる。

「ディスカバリー」のデビュー当初のモデルの内装はサーテレンスコンランのコンランデザインが手がけたのでした。いままで引っ張っていれば、それも大きなセリングポイントになったのでは。好感のもてる内装でした。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ディスカバリーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツSE(4WD/9AT)【試乗記】 2015.4.23 試乗記 車名は「ディスカバリー」で、プラットフォームは「イヴォーク」と共通、そしてボディーサイズは「フリーランダー2」に近い。しかして、その実体は? ランドローバーの新しいSUV「ディスカバリー スポーツ」、そのベーシックグレード「SE」に試乗した。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
ホームへ戻る