第255回:【Movie】大矢アキオと走れ! 太陽の道

2012.07.27 エッセイ

第255回:【Movie】大矢アキオと走れ! 太陽の道

憧れだった「太陽の道」

アウトストラーダ・デル・ソーレ(太陽の道)−−その昔、日本の自動車雑誌の海外試乗記を読んでいると、その響きも手伝って、夢の高速道路のように思えたものだ。

おさらいをしておくと、太陽の道は北部ミラノから南部ナポリまでイタリア半島を南北に縦断する総延長約760kmの幹線高速道路である。今回の動画は、そのうちミラノからフィレンツェまで約295km、休憩も入れておよそ4時間を走ったものである。

しかし、イタリアに住んでみると、太陽の道への憧れは次第に砕かれていった。まず、普段からわざわざ「アウトストラーダ・デル・ソーレ」と長い名前で呼んでいるイタリア人はいなかった。「アウトソーレ」と縮めて呼ぶ場合はあるが、それも新聞記事などが中心で、あまり一般的ではない。
ほとんどの人は正式名称であるアウトストラーダ1号線を示す「A1」と呼んでいる。イタリア語だと「アーウーノ」という。それを聞くたび思わず故・大平正芳元首相の現役時代によく用いられた物まね「あーうー」を思い出してしまう。

それはともかく、A1は設備が古い。ガードレールはさび、頭上をまたぐ橋のコンクリートも劣化しているものが多い。中央分離帯も、単純にコンクリートブロックで区切られた区間がほとんどだ。

ボローニャ−フィレンツェ間にあるアペニン山脈区間は、A1の中で一番の難所にもかかわらず片側2車線で、平日は大型トラックが走行車線を数珠つなぎで走っている。カーブの曲率は、高速道路にしてはきつすぎる。

それでいて、イタリア版ETCである「テレパス」や、ナンバープレートを自動で読み取り、区間ごとの旅行時間を計測して速度違反を取り締まる「チューター」と呼ばれるシステムは、欧州各国に先かげて導入された。「チューター」は安全走行に寄与していると考えれば納得がいくが、それにしてもお金を取ることだけには気合いが入っている。

「太陽の道」という甘い響きを感じる唯一の憩いシーンは、夏、所々に乱れ咲く無数のヒマワリたちだけである。

「太陽の道」レッジョ・エミリア付近。
第255回:【Movie】大矢アキオと走れ! アウトストラーダ・デル・ソーレ−「太陽の道」
可変表示板の下には、旅行時間計測による自動速度取り締まりシステム「チューター」のナンバー読み取り機も設置されている。
第255回:【Movie】大矢アキオと走れ! アウトストラーダ・デル・ソーレ−「太陽の道」
パルマにて。有名なパスタメーカー「バリッラ」の本社工場の脇を通る。
第255回:【Movie】大矢アキオと走れ! アウトストラーダ・デル・ソーレ−「太陽の道」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。