トヨタ、「プログレ」にスポーティ仕様を追加

1999.04.20 自動車ニュース
 
 
990420_048.gif

トヨタ、「プログレ」にスポーティ仕様を追加(4/20)

トヨタ自動車は「プログレ」に「iRバージョン」を追加設定、5月6日より発売する。より操縦性および走行安定性に重点をおいたモデルだ。

「トヨタプログレiRバージョン」は、コイルスプリング、ダンパー、パワーステアリングに専用チューニングをほどこしたモデルだ。さらにフロントサスペンションにスタビリティブレースを採用し、旋回性能および高速時の走行安定性を高めている。それにより「走る楽しさを進化」(広報資料)させたとしている。

ダークな色調にしたフロントグリル、ヘッドランプ、リアコンビネーションランプをはじめ、メッキ処理したアルミホイールや新開発の「ソフトプライバシーガラス」などが採用されている。内装色はブラック1色のみで、専用本革シートが装備されている。

ラインナップは、2.5リッター(335.0万円)と3.0リッター(360.0万円)という2種類のエンジンが用意されており、それぞれに「ウォールナットパッケージ」(350.0万円と375.0万円)が設定されている。

「プログレ」はおとなっぽい雰囲気がウリだっただけに、そのスポーティバージョンというのは、なんだかユーザーに対する裏切りのような......。CFでは本木雅弘さんが扮している「苦沙弥先生」が高価なアメリカンショートヘア(ネコ)を飼ったらやっぱりガッカリしますよね?(Web CG オガワ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • トヨタ・プレミオ1.5F(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2007.7.17 試乗記 ……208万50円
    総合評価……★★★★

    フルモデルチェンジした2代目「プレミオ/アリオン」。スポーティなアリオンに対して、上品さをウリにするプレミオの1.5リッターモデルに試乗した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
ホームへ戻る