トヨタ、高級感のある「ハリアー」発売

1999.04.21 自動車ニュース
 
 
990421_051.gif

トヨタ、高級感のある「ハリアー」発売(4/21)

トヨタ自動車は「ハリアー」に特別仕様車「EXTRA Gパッケージ」を設定し、4月15日より発売した。

「トヨタハリアーEXTRA Gパッケージ」は、ハリアー、ハリアーFOUR、ハリアー3.0、ハリアー3.0FOURに設定された仕様だ。「高級感を高め」(広報資料)ているのが特徴で、シルバーメタリックとスーパーホワイトパールマイカ(オプション)というモノトーンの専用外板色および人工皮革エクセーヌ仕様の専用シート表皮(アイボリー)を採用している。

マルチアジャスタブルパワーシート、6スピーカー、フォグランプ、アルミホイールといったGパッケージの専用装備に加え、Sパッケージに用意されているクセノンガス封入ヘッドランプやリアスポイラーも、この「EXTRA Gパッケージ」に装備されている。

価格は2.2リッター4気筒搭載の「ハリアーEXTRA Gパッケージ」が260.0万円、同4WDが284.0万円、3リッターV6搭載の「ハリアー3.0 EXTRA Gパッケージ」が290.0万円、同4WDが314.0万円だ。

友人である某フランスの自動車メーカーのデザイナーはかつて「ハリアー」が発表されたとき、「悪くはないが1970年代っぽいスタイリングだね」と一蹴しました。でも半年後、ふたたび日本にやってきたとき、「興味あるクルマがあるんだけど」と言って、「ハリアー」のカタログを持って帰ったのでした。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ハリアーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • メルセデス・ベンツが「GLCクーペ」を日本に導入 2017.2.22 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年2月22日、「GLCクーペ」を発表し、同日発売した。「メルセデスAMG GLC43 4MATICクーペ」については同年3月下旬に発売する予定。
ホームへ戻る