トヨタ、高級感のある「ハリアー」発売

1999.04.21 自動車ニュース
 
 
990421_051.gif

トヨタ、高級感のある「ハリアー」発売(4/21)

トヨタ自動車は「ハリアー」に特別仕様車「EXTRA Gパッケージ」を設定し、4月15日より発売した。

「トヨタハリアーEXTRA Gパッケージ」は、ハリアー、ハリアーFOUR、ハリアー3.0、ハリアー3.0FOURに設定された仕様だ。「高級感を高め」(広報資料)ているのが特徴で、シルバーメタリックとスーパーホワイトパールマイカ(オプション)というモノトーンの専用外板色および人工皮革エクセーヌ仕様の専用シート表皮(アイボリー)を採用している。

マルチアジャスタブルパワーシート、6スピーカー、フォグランプ、アルミホイールといったGパッケージの専用装備に加え、Sパッケージに用意されているクセノンガス封入ヘッドランプやリアスポイラーも、この「EXTRA Gパッケージ」に装備されている。

価格は2.2リッター4気筒搭載の「ハリアーEXTRA Gパッケージ」が260.0万円、同4WDが284.0万円、3リッターV6搭載の「ハリアー3.0 EXTRA Gパッケージ」が290.0万円、同4WDが314.0万円だ。

友人である某フランスの自動車メーカーのデザイナーはかつて「ハリアー」が発表されたとき、「悪くはないが1970年代っぽいスタイリングだね」と一蹴しました。でも半年後、ふたたび日本にやってきたとき、「興味あるクルマがあるんだけど」と言って、「ハリアー」のカタログを持って帰ったのでした。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
ハリアートヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタが「C-HR」の1.2リッターターボモデルにFF車を新設定 2018.5.8 自動車ニュース トヨタがコンパクトSUVの「C-HR」に一部改良を実施。これまで4WDしか設定のなかった1.2リッターターボ車にFFを設定したほか、「S」「S-T」を除く全車にLEDヘッドランプを標準装備。ボディーカラーに「ネビュラブルーメタリック」を新設定した。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HR 2016.9.28 画像・写真 欧州トヨタがパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で公開を予定している新型SUV「C-HR」の詳細を発表。また同車の日本仕様の詳細も公開された。その姿を画像で紹介する。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
ホームへ戻る