ダイハツ、「ストーリア カスタム」を追加発売

1999.04.23 自動車ニュース
 

ダイハツ、「ストーリア カスタム」を追加発売(4/23)

ダイハツ工業は「ストーリア」に新グレード「カスタム」を設定、4月15日より発売した。

「ストーリアカスタム」はベーシックグレードの「CL」をベースに、シビエ製フォグランプ内蔵のフロントロアスカート、リアロアスカート、マフラーカッター、ハイマウントストップランプ内蔵のルーフエンドスポイラー、スモークドガラスを装備したスポーティ感覚を押し出したモデルだ。

インテリアではレカロ・シートのオプション設定が注目事項。シートカラーは赤と黒のツートーン。後席を含めて統一したカラーコーディネートも特徴だ。

価格は2WDが97.8万円(MT)と106.3万円(AT)、4WDが113.3万円(MT)と121.8万円(AT)。

同時にストーリア全モデルに及ぶ変更も行なわれた。バックドアインナーハンドルの標準装備や新色「ホワイトパールマイカI」のオプション設定(CLを除く)などがそれだが、車種ごとでもCLのシート表皮の変更や、CX、CX-Limitedにクリーンエアフィルターの採用など、細部の変更はかなり多い。

ストーリアはイギリスでは「シリオン」の名前で売られていて、そのデザインは「Distinctive」だと好評のようです。ところでダイハツのお家芸、「デ トマゾ」バージョンはまだか?(Web CG スヤマ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ストーリアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ブーン シルク“Gパッケージ SA II”/トヨタ・パッソX“Gパッケージ”【試乗記】 2016.5.11 試乗記 「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」が3代目にモデルチェンジ。2社による共同開発をやめ、ダイハツが企画、開発、生産を担う新体制のもとに誕生した新型の実力はいかに? その出来栄えを試すとともに、これからのトヨタとダイハツのあるべき関係を考えた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタ・ルーミーG“S”(FF/CVT)【試乗記】 2017.1.30 試乗記 「スズキ・ソリオ」の独占状態だったコンパクトハイトワゴン市場に、満を持して投入されたトヨタのコンパクトカー「ルーミー」。実際に試乗してみたら……? 走りの質感や使い勝手、さらに燃費の計測結果を報告する。
  • トヨタ・パッソ モーダ“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2016.6.9 試乗記 軽よりも少し大きな小型車「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」がフルモデルチェンジ。トヨタ版の上級モデルである「パッソ モーダ」を借り出して、“生活の足”としてのクルマのあり方を考えた。
ホームへ戻る