「ワゴンR」に100万台達成の記念限定車

1999.04.26 自動車ニュース
 
 
990426_061.gif

「ワゴンR」に100万台達成の記念限定車(4/26)

スズキは、「ワゴンR」の累計販売台数が100万台に達したのを記念して「100万台記念限定車」を設定、4月21日より発売した。

スズキの「ワゴンR 100万台記念限定車」は、同車の最上級グレード「RR−F」をベースに、「上質感をテーマ」(広報資料)とした装備を与えたモデル。特別装備の内容は、本革シート、革巻ステアリングホイール、専用色ドアトリム、メッキ加工されたフロントグリル、専用アルミホイールなどがあげられる。ボディカラーは特別色のパールホワイト。また通常ではオプション設定となる運転席・助手席エアバッグ、フロントシートベルトプリテンショナー、ブレーキアシスト付ABSが標準装備されているのも特徴だ。

駆動方式は前輪駆動、4輪駆動の2種類で、トランスミッションはコラムシフトの4段ATのみとなる。価格は前輪駆動で144.0万円、4輪駆動で154.7万円だ。1000台の限定生産となっている。

英国の「Car」誌で、旧型ワゴンRをベースにした「ワゴンRワイド」が、不名誉にも「世界で最も醜いクルマ」に選ばれたしまった。ワゴンRは旧型も(内装はともかく、外観は)好ましいデザインだったけれど、たしかに「ワイド」はカッコ悪かった。新型「ワゴンRワイド」に期待したいものです。(Web CG スヤマ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ワゴンRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • スズキ・ワゴンR FZ(FF/CVT)/ワゴンRスティングレー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.8 試乗記 モーターによる電動アシスト機能「S-エネチャージ」を備え、32.4km/リッターの燃費を実現した「スズキ・ワゴンR」。新機構の効能と、あえて「ハイブリッド」と名乗らなかったその思惑を探る。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る