スポーティな「インプレッサ」の特別仕様車

1999.04.26 自動車ニュース
 
 
990426_062.gif

スポーティな「インプレッサ」の特別仕様車(4/26)

富士重工業は「スバルインプレッサスポーツワゴン」にスポーティな特別仕様車「C’zスポルト」を設定し、4月20日から発売した。

スバル インプレッサ スポーツワゴンの限定車「 C’zスポルト」は、ベーシックグレードの「C’z」をベースとしたモデル。「内外装をスポーティに」(広報資料)しているところがセリングポイントだ。外観では、ミニライト製14インチアルミホイール、ルーフスポイラー、ルーフアンテナが装着されるほか、外板色にWRCで活躍するワークスカーと同じ「ソニックブルーマイカ」を追加設定しているのが特徴だ。

内装では、MOMO製SRSエアバッグ内蔵本革巻ステアリングホイール、ケンウッド製CDプレーヤー一体型カセットデッキ+6スピーカー、専用シート地を用いたフロントスポーティシート、オフホワイトメーターが装備されている。

エンジンは1.5リッター水平対向4気筒の「EJ15」で、これに5段MTか、電子制御4段ATが組み合わされる。駆動方式は前輪駆動と4輪駆動の2種類だ。価格は、前輪駆動5MTで139.9万円、同4ATで149.2万円。4輪駆動5MTで157.9万円、同4ATで167.2万円だ。

おとなしいエンジンのグレードに、栄光のミニライト・ホイールを履かせ、外板色をWRカーと同じ色に塗る……。コンセプトがよくわかりませんが、乗ってみるとけっこうイイ味を出しているかも知れない。ちょっと、そんな気もします。(Web CG スヤマ)

 
 

関連キーワード:
インプレッサスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンが「パサート」のディーゼルモデルを発売 2018.2.14 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年2月14日、「パサート」および「パサートヴァリアント」のモデルラインナップにディーゼルエンジンを搭載した「TDI」を追加設定し、販売を開始した。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.2.13 試乗記 フルモデルチェンジで4代目となった、新型「アウディRS 4」に試乗。最高出力450psのV6ターボエンジンを得て、ハイパフォーマンスワゴンの走りはどう変わったのか。スペインはマラガから報告する。
  • エンジンに新技術、マツダが「CX-5」を一部改良 2018.2.8 自動車ニュース マツダがミドルサイズSUV「CX-5」に一部改良を実施。ディーゼル車、ガソリン車ともにエンジンの改良によって走りと実燃費を改善したほか、360°ビューモニターを採用したり、パワーリフトゲートの設定を拡大したりと、装備の拡充も図っている。
ホームへ戻る