トヨタ、「スパシオ」をマイナーチェンジ

1999.04.30 自動車ニュース
 
 
990430_078.gif

トヨタ、「スパシオ」をマイナーチェンジ(4/30)

トヨタは4月26日、「カローラスパシオ」をマイナーチェンジして発表した。新グレード「エアロツアラー」も設定されている。

4月26日に発売された「カローラスパシオ」の、マイナーチェンジにともなう変更は小規模なものだ。外観ではフロントバンパー、ラジエターグリル、テールランプなどのデザインが変更され、外板色にシルバーメタリック、グリーンマイカメタリック、ブルーマイカの3色が新たに設定された。

内装ではシートやトリム表皮のデザインが変更されたほか、運転席アームレストが装備され、コンソールボックスなどの収納スペースも拡大されている。またクリーンエアフィルターも採用された。安全対策では、今回より全車にブレーキアシストが標準装備された。、

新たに設定されたグレード「エアロツアラー」は、フォグランプ内蔵の大型バンパーやカラードルーフレール、リアスポイラーなどを採用したスポーティなモデルだ。インテリアには専用のシート/トリム表皮を設定。コンビネーションメーターの横に独立したアナログ式タコメーターを設け、デジタル式スピードメーターの照明をオレンジ色に変更したり、本革巻き3本スポークステアリングホイールを与えるなどして「スポーティ感を演出」(広報資料より)している。「エアロツアラー」はシート数(2/3列)や乗車定員(4人から6人)別に3タイプ設定されており、価格は168.8万円から176.8万円となっている。

今回のマイナーチェンジでは、特別仕様車として「Vパッケージ」も設定された。これは「2列シート車5人乗り」をベースに、ABS、ブレーキアシスト、デュアルエアバッグなどの安全装備やパワーウィンドウ、集中ロックなど、装備を必要なものだけに限定した「お買い得モデル」だ。価格は138.6万円である。

スパシオには福祉車両「ウェルキャブ」シリーズも設定されているが、今回から新たに、助手席が90度回転し、車外に350mm、下方に50mmスライドダウンできる「ウェルキャブ助手席リフトアップシート車」も設定された。これは車椅子を使用する人が、助手席によりアクセスしやすくするための仕様だ。価格はベース車の「2列シート5人乗りGパッケージ」より最大40万円高となっている。

今日のファミリーカー像といえば「ワゴンかつRV的なクルマ」。そうした見方も含めて、「スパシオ」はもっと評価されてもいいクルマだと思う。マツダからプレマシーも出たことで、5ナンバークラスの“ニューセダン”市場はさらに競争激甚になるだろうが、今回のスパシオに見られるような「福祉車両の拡充」こそが、これからのファミリーカーに欠かせない条件になってゆくと思われるからだ。(Web CGおざわ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る