トヨタ、「スパシオ」をマイナーチェンジ

1999.04.30 自動車ニュース
 
 
990430_078.gif

トヨタ、「スパシオ」をマイナーチェンジ(4/30)

トヨタは4月26日、「カローラスパシオ」をマイナーチェンジして発表した。新グレード「エアロツアラー」も設定されている。

4月26日に発売された「カローラスパシオ」の、マイナーチェンジにともなう変更は小規模なものだ。外観ではフロントバンパー、ラジエターグリル、テールランプなどのデザインが変更され、外板色にシルバーメタリック、グリーンマイカメタリック、ブルーマイカの3色が新たに設定された。

内装ではシートやトリム表皮のデザインが変更されたほか、運転席アームレストが装備され、コンソールボックスなどの収納スペースも拡大されている。またクリーンエアフィルターも採用された。安全対策では、今回より全車にブレーキアシストが標準装備された。、

新たに設定されたグレード「エアロツアラー」は、フォグランプ内蔵の大型バンパーやカラードルーフレール、リアスポイラーなどを採用したスポーティなモデルだ。インテリアには専用のシート/トリム表皮を設定。コンビネーションメーターの横に独立したアナログ式タコメーターを設け、デジタル式スピードメーターの照明をオレンジ色に変更したり、本革巻き3本スポークステアリングホイールを与えるなどして「スポーティ感を演出」(広報資料より)している。「エアロツアラー」はシート数(2/3列)や乗車定員(4人から6人)別に3タイプ設定されており、価格は168.8万円から176.8万円となっている。

今回のマイナーチェンジでは、特別仕様車として「Vパッケージ」も設定された。これは「2列シート車5人乗り」をベースに、ABS、ブレーキアシスト、デュアルエアバッグなどの安全装備やパワーウィンドウ、集中ロックなど、装備を必要なものだけに限定した「お買い得モデル」だ。価格は138.6万円である。

スパシオには福祉車両「ウェルキャブ」シリーズも設定されているが、今回から新たに、助手席が90度回転し、車外に350mm、下方に50mmスライドダウンできる「ウェルキャブ助手席リフトアップシート車」も設定された。これは車椅子を使用する人が、助手席によりアクセスしやすくするための仕様だ。価格はベース車の「2列シート5人乗りGパッケージ」より最大40万円高となっている。

今日のファミリーカー像といえば「ワゴンかつRV的なクルマ」。そうした見方も含めて、「スパシオ」はもっと評価されてもいいクルマだと思う。マツダからプレマシーも出たことで、5ナンバークラスの“ニューセダン”市場はさらに競争激甚になるだろうが、今回のスパシオに見られるような「福祉車両の拡充」こそが、これからのファミリーカーに欠かせない条件になってゆくと思われるからだ。(Web CGおざわ)

 
 

関連キーワード:
カローラ スパシオトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アルファード エグゼクティブラウンジS(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.16 試乗記 あたりを払うかのような見た目の迫力と、使い勝手に優れた装備で人気のミニバン「トヨタ・アルファード」がマイナーチェンジ。2列目が“主役”のトップグレード「エグゼクティブラウンジS」に試乗し、最新型の出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・アルファード ハイブリッド/ヴェルファイア【試乗記】 2018.2.6 試乗記 マイナーチェンジが施された、トヨタの高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に試乗。デザインのみならず、エンジンやシャシーにまで手が加えられたその仕上がりは、圧倒的な商品力のさらなる強化を実感させるものだった。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • トヨタ・ヴェルファイアZG(FF/8AT)【試乗記】 2018.3.9 試乗記 トヨタのフラッグシップミニバンとして、根強い人気を誇る「アルファード/ヴェルファイア」。極東の自動車大国・ニッポンで、コワモテの四角い高級車がここまで支持を集める理由とは何か? その文化的背景と、高級ミニバンの歩むべき道について考えてみた。
ホームへ戻る