フェラーリF360モデナ、鈴鹿でデビュー

1999.04.30 自動車ニュース
990430_076.gif

フェラーリF360モデナ、鈴鹿でデビュー(4/30)

コーンズとフェラーリ クラブ オブ ジャパンは、同クラブ結成10周年記念イベントを6月に鈴鹿サーキットで開催する。F355の後継車「F360モデナ」もお披露目される。

「FORZA FERRARI II」と名づけられたこのイベントは、コーンズとフェラーリ クラブ オブ ジャパン(以下FCJ)が主宰するもので、クラブに所属するフェラーリオーナーが全国から鈴鹿サーキットに集まるイベントだ。1995年4月に行われた第一回では、427台のフェラーリが鈴鹿サーキットに集結し、アジア太平洋地区において過去最大のフェラーリ イベントとなったという。

今回の「FORZA FERRARI II」はFCJの創立10周年を記念して行われるもので、6月5日、6日の週末に鈴鹿サーキットで開催される。フェラーリ オーナー以外でも入場券を購入すれば参加できる。

その内容としては、JAF公認「フェラーリチャレンジレース」の第2戦、スポーツ/ファミリー走行会、パレード走行、クラシックフェラーリの展示とコンクール デレガンス、新旧フェラーリ各車のデモランや同乗走行、チャリティオークション、レースクイーン撮影会などのアトラクションが予定されている。

中でも注目すべきは、「F355」の後継モデル「F360モデナ」がこの日、日本で初お披露目されることだろう。6日には同車をはじめ、歴代F1マシンなどのデモ走行も予定されている。

「FORZA FERRARI II」当日は、鈴鹿サーキットのグランドスタンドが開放されるので「鈴鹿サーキットランド」の入場券だけで、イベントを見ることができる。さらに間近で体験したい人には、パドックパスが用意されている。5日分が3000円、6日分が5000円だ。詳細についての問い合わせは鈴鹿サーキットまで(電話0593-78-1111)。

面白そうなイベントなので、Web CGも取材に行こうと思っています。会場でお会いしましょう。(Web CG スヤマ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。