トヨタの特別仕様車、デュエットにも登場

1999.04.30 自動車ニュース
 
 
990430_071.gif

トヨタの特別仕様車、デュエットにも登場(4/30)

トヨタは4月16日、デュエットに特別仕様車「Vリミテッド」を追加し、同日発売した。「V」の装備を充実させた「お買い得仕様」だ。

デュエットの特別仕様車「Vリミテッド」は、特別装備として、電動格納式リモコンドアミラー、ボディ同色ドアハンドル、UVカットガラス、専用のシート/ドアトリム表皮、運転席シート上下アジャスター、バニティーミラーを追加したものだ。価格は「V」より4.5万円高の95.8万円という「お買得車」である。

「V」には、新たなオプションパッケージとして「スポーツパッケージ」も設定された。これは前後のバンパースポイラーやフォグランプなどをパックしたもので、価格は5MTが99.3万円、4ATが107.8万円。「V」にはさらに、標準装備からABS、黒塗りドアサッシュ、UVカットガラス、パワーウィンドー、ドアキー連動型集中ドアロック、サイドプロテクションモールなどを省いた低価格モデル「ビジネス仕様車」も設けられた。価格は5MTが83.8万円、4ATが92.3万円だ。

最高級グレードの「X」にもオプションパッケージが新設定された。「ラグジュアリーパッケージ」とよばれるもので、本革シート、本木目ステアリングホイール、木目調センタークラスター/メータークラスターをセットとしている。価格は5MTが120.8万円、4ATが129.3万円である。

「特別仕様車のナゾ その3」

デュエットのカタログの場合も、ふつうのカタログとは別に、特別仕様車専用のものが作られている。でも買い得なクルマとは、他のグレードと比較してみて、初めて「おっ、こっちのほうがトクだ」とわかるものではないか? やはり、カタログを別建てにしているのは、その特別仕様車を「しばらく売って、適当なところで切り捨てよう」という意図からだろうか。そうだとすれば、なんだかリストラばやりの今の社会みたいで悲しい。穿った見方? うーん、自分自身が「特別仕様者」だからなんでしょうか。(完)(Web CGおざわ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ジュネーブショー2017の会場から(その7) 2017.3.9 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。トヨタはTOYOTA GAZOO Racingが開発した「ヤリスGRMN」や、3人乗りシティーコミューターのコンセプトモデル「i-TRIL」を発表した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る