トヨタの特別仕様車、デュエットにも登場

1999.04.30 自動車ニュース
 
 
990430_071.gif

トヨタの特別仕様車、デュエットにも登場(4/30)

トヨタは4月16日、デュエットに特別仕様車「Vリミテッド」を追加し、同日発売した。「V」の装備を充実させた「お買い得仕様」だ。

デュエットの特別仕様車「Vリミテッド」は、特別装備として、電動格納式リモコンドアミラー、ボディ同色ドアハンドル、UVカットガラス、専用のシート/ドアトリム表皮、運転席シート上下アジャスター、バニティーミラーを追加したものだ。価格は「V」より4.5万円高の95.8万円という「お買得車」である。

「V」には、新たなオプションパッケージとして「スポーツパッケージ」も設定された。これは前後のバンパースポイラーやフォグランプなどをパックしたもので、価格は5MTが99.3万円、4ATが107.8万円。「V」にはさらに、標準装備からABS、黒塗りドアサッシュ、UVカットガラス、パワーウィンドー、ドアキー連動型集中ドアロック、サイドプロテクションモールなどを省いた低価格モデル「ビジネス仕様車」も設けられた。価格は5MTが83.8万円、4ATが92.3万円だ。

最高級グレードの「X」にもオプションパッケージが新設定された。「ラグジュアリーパッケージ」とよばれるもので、本革シート、本木目ステアリングホイール、木目調センタークラスター/メータークラスターをセットとしている。価格は5MTが120.8万円、4ATが129.3万円である。

「特別仕様車のナゾ その3」

デュエットのカタログの場合も、ふつうのカタログとは別に、特別仕様車専用のものが作られている。でも買い得なクルマとは、他のグレードと比較してみて、初めて「おっ、こっちのほうがトクだ」とわかるものではないか? やはり、カタログを別建てにしているのは、その特別仕様車を「しばらく売って、適当なところで切り捨てよう」という意図からだろうか。そうだとすれば、なんだかリストラばやりの今の社会みたいで悲しい。穿った見方? うーん、自分自身が「特別仕様者」だからなんでしょうか。(完)(Web CGおざわ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る