ダイハツ、テリオスにエアロ装着車を設定

1999.04.30 自動車ニュース
 
 
990430_077.gif

ダイハツ、テリオスにエアロ装着車を設定(4/30)

ダイハツは「テリオス」に新グレード「エアロカスタムII」を設定した。エアロパーツや専用シート地を装備したお買い得モデルだ。

テリオスに新しく設定された「エアロカスタムII」は、最上級グレードの「CL」をベースに、専用装備を追加したスポーティな仕様だ。その外観では専用のフルエアロパーツ、フォグランプ、専用フロントグリル、メッキの曲面広角ドアミラーなどが追加装備されている。

内装ではメーターとセンタークラスター部にメタル調の素材を配し、メーターパネルをグレー色に変更。さらに専用の生地をシートやドアトリムに与えている。

ボディカラーはシルバーメタリック、ブラックメタリック、ホワイトの3色。価格は5MTが153.0万円、4ATが164.0万円となっている。ダイハツでは月販500台を目標としている。

今日のニュースをご覧になってお分かりのとおり、この時期は「特別仕様車」がホントに多い。それにしても最近は、こうした特別仕様車や、いわゆる「レトロ仕様」などで、グリルまわりをすっかり作り変えてしまうことがよくある。デザイナーのひとたちはたまらんだろうな、と思うわけです。(Web CG スヤマ)

 
 

関連キーワード:
テリオスキッドダイハツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ テリオスキッドCX (4AT)【ブリーフテスト】 2001.11.22 試乗記 ……152.8万円
    総合評価……★★★★




  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記 キーワードは「ザ・ダカールレプリカ」。ホンダがダカールラリーに投入するワークスマシンのイメージを受け継いだアドベンチャーモデル「CRF250ラリー」に試乗。乗るものを選ぶような足つき性の“悪さ”に、ホンダの心意気を感じた。
  • 【LAショー2017】ジープ、新型「ラングラー」をお披露目 2017.11.6 自動車ニュース FCAがロサンゼルスオートショーで新型「ジープ・ラングラー」を世界初公開すると発表した。今回の新型は、従来モデルから伝統的な意匠を受け継ぎつつ、より低燃費なパワートレインや、先進の安全装備などが取り入れられるという。
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記