ダイハツ、テリオスにエアロ装着車を設定

1999.04.30 自動車ニュース
 
 
990430_077.gif

ダイハツ、テリオスにエアロ装着車を設定(4/30)

ダイハツは「テリオス」に新グレード「エアロカスタムII」を設定した。エアロパーツや専用シート地を装備したお買い得モデルだ。

テリオスに新しく設定された「エアロカスタムII」は、最上級グレードの「CL」をベースに、専用装備を追加したスポーティな仕様だ。その外観では専用のフルエアロパーツ、フォグランプ、専用フロントグリル、メッキの曲面広角ドアミラーなどが追加装備されている。

内装ではメーターとセンタークラスター部にメタル調の素材を配し、メーターパネルをグレー色に変更。さらに専用の生地をシートやドアトリムに与えている。

ボディカラーはシルバーメタリック、ブラックメタリック、ホワイトの3色。価格は5MTが153.0万円、4ATが164.0万円となっている。ダイハツでは月販500台を目標としている。

今日のニュースをご覧になってお分かりのとおり、この時期は「特別仕様車」がホントに多い。それにしても最近は、こうした特別仕様車や、いわゆる「レトロ仕様」などで、グリルまわりをすっかり作り変えてしまうことがよくある。デザイナーのひとたちはたまらんだろうな、と思うわけです。(Web CG スヤマ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ テリオスキッドCX (4AT)【ブリーフテスト】 2001.11.22 試乗記 ……152.8万円
    総合評価……★★★★




  • ダイハツ・ムーヴラテ Xリミテッド(FF/4AT)【試乗記】 2004.12.11 試乗記 ムーヴラテ Xリミテッド(FF/4AT)
    ……124万9500円

    増える女性ターゲットの軽自動車。ダイハツがリリースしたのは、主力「ムーヴ」の機関を使う「ムーヴラテ」。“たのもしい”エアロパーツを付けた「Xリミテッド」に『webCG』本諏訪裕幸が試乗した。


  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • 「レクサスNX」にブラックで引き締めた特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月24日、レクサスブランドのコンパクトSUV「NX」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、販売を開始した。「Iパッケージ」グレードをベースに、ブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールが採用されている。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る