ダイハツ、テリオスにエアロ装着車を設定

1999.04.30 自動車ニュース
 
 
990430_077.gif

ダイハツ、テリオスにエアロ装着車を設定(4/30)

ダイハツは「テリオス」に新グレード「エアロカスタムII」を設定した。エアロパーツや専用シート地を装備したお買い得モデルだ。

テリオスに新しく設定された「エアロカスタムII」は、最上級グレードの「CL」をベースに、専用装備を追加したスポーティな仕様だ。その外観では専用のフルエアロパーツ、フォグランプ、専用フロントグリル、メッキの曲面広角ドアミラーなどが追加装備されている。

内装ではメーターとセンタークラスター部にメタル調の素材を配し、メーターパネルをグレー色に変更。さらに専用の生地をシートやドアトリムに与えている。

ボディカラーはシルバーメタリック、ブラックメタリック、ホワイトの3色。価格は5MTが153.0万円、4ATが164.0万円となっている。ダイハツでは月販500台を目標としている。

今日のニュースをご覧になってお分かりのとおり、この時期は「特別仕様車」がホントに多い。それにしても最近は、こうした特別仕様車や、いわゆる「レトロ仕様」などで、グリルまわりをすっかり作り変えてしまうことがよくある。デザイナーのひとたちはたまらんだろうな、と思うわけです。(Web CG スヤマ)

 
 

関連キーワード:
テリオスキッドダイハツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ テリオスキッドCX (4AT)【ブリーフテスト】 2001.11.22 試乗記 ……152.8万円
    総合評価……★★★★




  • 「ダイハツ・テリオスキッド」が「キスマーク」とコラボレーション 2004.10.4 自動車ニュース ダイハツ工業は、軽SUV「テリオスキッド」に、スポーツブランド「キスマーク」とコラボレートした特別仕様車「テリオスキッド×キスマーク」を設定、2004年10月1日に発売した。
  • ダイハツ、「テリオスキッド」に後輪駆動車を追加 2000.1.27 自動車ニュース ダイハツ工業は、軽自動車「テリオスキッド」に後輪駆動車を新規設定、加えて四輪駆動車をマイナーチェンジし、1月18日より発売した。新たに設定されたのは後輪駆動車「CL」「CLカスタム」「エアロダウン」。「FRならではの素直なハンドル操作を実現した」とダイハツではしている。エンジンは4WD車同様、4バルブ直3ターボエンジンを搭載。車両の軽量化とデフギア比の見直しにより、燃費を向上させているという。さらにエアロダウンスポーツサスペンションが採用されているのもFR車の特長といえる。四駆車には新グレード「CX」「CLカスタム」を設定。上級グレードとなる「CX」は、4バルブ直3インタークーラーターボ「EF-DET」エンジンを搭載、ハロゲンフォグランプ、アルミホイール、電動ドアミラーなどを装着している。「CLカスタム」はライトプレッシャーターボ付の直3「EF-DEM」エンジンが載り、フロントロアスカート、サイドストーンガード、リアロアスカート、ハロゲンフォグランプ、さらにFR車に標準装備されるエアロダウンスポーツサスペンションなどが加わる。旧モデルからの改良点は、電動ドアミラーの標準装備(エアロダウン)、フロントフォグランプホールカバーのボディ色対応(CL)、電動格納式メッキドアミラーをオプション設定などだ。価格は108.0万円から149.0万円となる。ダイハツ工業「テリオスキッド」サイト:http://www.daihatsu.co.jp/cata/terioskid/index.htm好調な売れ行きの軽。それにFRを設定し、波に乗りたいところです。(Web CG 有吉)
  • 英モーガンの日本輸入代理店が発足記念イベントを開催 2018.5.22 自動車ニュース オーナーズクラブのメンバーも愛車とともに集合。英モーガンの正規インポーター、モーガンカーズ・ジャパンが発足イベント「MORGAN CARS JAPAN INTRODUCING」を開催。「3ホイーラー」と「4/4」の2モデルを展示。
  • 「ルノー・ルーテシアR.S.」にF1マシンをイメージした限定車 2018.5.17 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2018年5月17日、「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」の特別仕様車「ルーテシアR.S.18」を発売した。50台の台数限定で、同月21日まで購入の申し込みを受け付け、希望者多数の場合は抽選販売となる。
ホームへ戻る