マークIIに特別仕様車「グランデ レガリア」

1999.04.30 自動車ニュース
 
 
990430_075.gif

マークIIに特別仕様車「グランデ レガリア」(4/30)

トヨタはマークIIに特別仕様車「グランデ レガリア」を追加、4月21日より発売した。

マークIIに設定された特別仕様車「グランデ レガリア」は3種類のグレードが設定されている。それぞれ「2.0グランデ」「2.5グランデ」「2.0グランデFour」をベースに、特別装備を施して高級感を向上させたものだ。

その外観では、ディスチャージヘッドランプをロービームに配した独立3灯式ヘッドランプや、イエローフォグランプ、6JJ×15アルミホイール、専用エンブレム、バッフル付きエグゾーストテールパイプが与えられ、ボディカラーも専用色の「スーパーホワイトパールマイカ」となっている。

内装においては、スエード調ファブリックのシートとドアトリム表皮、ランプ付き運転席バニティミラー、本革巻き/ウッド調のステアリングホイール、本革巻きシフトノブ、ステアリングテレスコピック機能が専用装備として与えられている。

価格は「2.0グランデ レガリア」が246.0万円、「2.0グランデFourレガリア」が276.0万円、「2.5グランデ レガリア」が277.0万円となっている。

「特別仕様車のナゾ その1」

そもそも「特別仕様車」とは何なのだろうか。何も知らない人だったら「特別仕様車というんだから、国を代表するような偉い方が特注して、それにふさわしい内容に仕上げたクルマなんでしょ」と思ってもおかしくない。だが実際は誰でも買えるし、装備以外は別段、通常モデルと変わったところもない。もちろん定義らしいものはあります。ベースモデルがあって、それにいくつか装備をプラスして買い得感を出したもの。でもそれじゃ「特別」という言葉の安売りみたいではありませんか。このマークIIでいえば、ヘッドライトが「特別」なのが「ほかのとは違う」ということを意味しているのだろうか。(その2に続く)(Web CGおざわ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
ホームへ戻る