走る「キティちゃん」、ムーヴで復活

1999.04.30 自動車ニュース
 
 
990430_070.gif

走る「キティちゃん」、ムーヴで復活(4/30)

ダイハツはムーヴに、人気キャラクター「ハローキティ」を配した特別仕様車「ムーヴ ハローキティ」を設定、5月6日に発売する。

連休明けに発売となる「ムーヴ ハローキティ」は、その名の通り、ベース車「ムーヴCL」の各部分に「キティちゃん」のキャラクターをあしらった特別仕様車だ。ダイハツは以前から「ミラ」に「キティバージョン」を設けており、その本格的な「単位面積当たりのキティ濃度の高さ」ゆえ、若い女性から一部のマニアまで、絶大な支持を得てきた(ホントか?)。

今回登場した「ムーヴ ハローキティ」においても、「キティ濃度」はさらにブーストアップしている。いちばんすごいのは、ドアロックノブまで「キティちゃん」型になっていること。エンジンキーも、グリップの部分がキティちゃんの顔をかたどったものになっている。

内装では、「ラブリーな空間だからこそ」(カタログより)専用装備としてベンチシートを採用。シート表皮は、もちろんキティちゃんのプリント地だ。前作同様、凝りに凝ったメーターパネルも健在だ。各所にキティちゃんが配置されるのみならず、タコメーターには、レッドゾーン付近に「目を閉じ、冷や汗をかいている」という「激レアなキティちゃん」が描かれている。

ジウジアーロがデザインしたうるわしい外観には、お約束の専用デカールやエンブレムのほか、スモークドガラスやグリルメッキモールなどが追加されている。外板色はホワイト、シルバーメタリック、ブラックメタリック、メイプルレッドメタリックの4色だ。

「ムーヴ ハローキティ」にはFFと4WDが設定されており、ともにコラムATとなる。価格はFFが110.8万円、4WDが124.8万円。ダイハツは月販250台を目標としている。

今日は、ホントはこれをトップニュースにしたかった。すごいのは、オプションパーツにもキティグッズが用意されていること。シートカバー、カーペット、車検証入れはともかく、ボディカバーやサイドバイザーにまでキティちゃんの顔が入り、さらにキティちゃんの顔をレリーフ加工した専用アナログ時計まで用意されている。ちなみにキャラクター商品に詳しい関係者の話によれば「キャラクターの顔を変化させるには、相当な権利料を払う必要がある」とのこと。ダイハツの「キティバージョン」にかける意気込みのほど(?)がうかがわれるではないか。これぞ「特別仕様車」の鏡である。(Web CG スヤマ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
ホームへ戻る