プジョー206が日本で発売

1999.05.07 自動車ニュース
 
 
990507_007.gif

プジョー206が日本で発売(5/7)

インチケープ・プジョー・ジャパン(株)は5月6日、プジョー206を日本で発売した。もっとも低価格なモデルで165万円である。

プジョー206は昨年のパリ・サロンで発表されたプジョーの小型ファミリーカー。206の下には106があるが、販売台数も含めてもっとも中心的なプジョーが206である。206は1983年以来長いこと販売している205の後継モデル。久々の売れ筋モデルとあって現地フランスでは日産2500台では生産が追いつかないほどの人気だという。

今回発売されたのは全部で5モデル。3ドアと5ドア、1.4リッターと1.6リッターエンジンの組み合わせからなり、すべて右ハンドル仕様。ギアボックスはATとMTが両方用意されるのは1.4リッターの3ドアだけ。1.6リッターは3ドア、5ドアとも5段マニュアルのみとなる。

グレードはXT(1.4)、XS(1.6)、XT Premium(1.6)があり、いずれもデュアルエアバッグ、ABS、エアコンを標準装備。基本となるXTに対して、XSはスポーツシートやアルミホイールを持つ3ドアのスポーツモデル、XT Premiumはオートエアコンや雨滴感知オートワイパーなどを持つ5ドアの豪華モデルという位置づけになっている。価格とラインナップは以下のとおり。

 1.4XT(3ドア/5MT) 165万円
 1.4XT(3ドア/4AT) 175万円
 1.4XT(5ドア/4AT) 179万円
 1.6XS(3ドア/5MT) 183万円
 1.6XT Premium(5ドア/5MT) 189万円

日本ではこのほかにS16もラインナップを組む予定になっているが、後日別途発表となる見込み。こちらは137psの2リッターDOHCエンジンを積むホットモデル。かつての205ターボ16が人気を博したように、206S16もまた新たなファンを生み出しそうだ。こちらの価格は未定。

本日発表会で眺めてきた限りではなかなかに上質な印象を受けた206。あとは走りの性能が気になるところ。じつは今週末に206シリーズの試乗会が報道陣を対象に行なわれる。これにはWeb CGも参加の予定なので、遅くとも週明けにはどこよりも早く「気になる」試乗リポートをお届けできるはずだ。(Web CGおざわ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
ホームへ戻る