第32回:最新バットモービルが登場……その驚異の性能とは!?
『ダークナイト・ライジング』

2012.07.26 エッセイ

第32回:最新バットモービルが登場……その驚異の性能とは!?『ダークナイト・ライジング』

これはクルマではない?

今年のルマンでは、日産の「デルタウイング」が注目された。デザインが「バットモービル」みたいだと評判になったのだ。残念ながらクラッシュでリタイアしてしまったものの、見た目の存在感では一等賞だったかもしれない。

クリストファー・ノーラン監督とクリスチャン・ベイルがコンビを組んだバットマンシリーズ1作目の『バットマン・ビギンズ』では、「タンブラー」と名付けられた斬新なフォルムのバットモービルが採用された。2作目の『ダークナイト』でも、この異様にタイヤの太い高性能なマシンが引き続き活躍した。

コンビ最終作となる『ダークナイト・ライジング』ではどうか。ダークナイトが、こんなことを言う。

「これはクルマではない」

なんと、今回ダークナイトの相棒となる乗り物は、空を飛ぶのだ。かといって、飛行機でもない。垂直に離着陸し、自在に空中を移動する。岩国への配備で大きな問題になっているオスプレイに似ている。もちろん、すぐ墜落するあんなポンコツではなく、小型で高性能なマシンだ。名前はシンプルに「バット」と呼ばれる。

実は、タンブラーも出てこないわけではない。ただ、敵側に乗っ取られてしまうのだ。塗装も変えられて、軍用の迷彩柄である。これがなんともかっこ悪い。やはり、バットモービルはクールな黒でなくてはいけないのだ。

(c)2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC
(c)2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC

第32回:最新バットモービルが登場……その驚異の性能とは!? − 『ダークナイト・ライジング』の画像
第32回:最新バットモービルが登場……その驚異の性能とは!? − 『ダークナイト・ライジング』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。