スズキ、「アルト」にエコCVT仕様

1999.05.10 自動車ニュース
 
 
990510_009.gif

スズキ、「アルト」にエコCVT仕様(5/10)

スズキの軽自動車「アルト」に新たに設定された「SCリーンバーンCVT搭載車」は、その名のとおりリーンバーン(希薄燃焼)エンジンとCVT(無段変速機)を組み合わせたものだ。ボディタイプは3ドア、駆動方式はFFのみの設定だ。

アルトには以前からリーンバーン仕様は設定されていたが、トランスミッションは5MTのみの設定だった。今回のモデルは、これにワゴンRに設定されているCVTを組み合わせたものだ。10/15モード燃費は、リーンバーン5MTのリッター29.0kmにたいし、リッター26.5kmとなっている。

「アルトSCリーンバーンCVT搭載車」の価格は77万6000円。なおデュアルエアバッグ、フロントシートベルトプリテンショナー、助手席シートベルトフォースリミッター、ABS、ブレーキアシストなどの安全装備は、セットで5万円のオプション設定となる。

安全関係の装備ですが、5万円のオプションなら標準装備にしてもよさそうなものなのに。軽自動車というのはそこまで「値段に厳しい」世界なのでしょうか。安全はお金に替えられないと思いますが。(Web CG スヤマ)

 
 

関連キーワード:
アルトスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • スズキ・アルト ラパンSS(FF/5MT)【試乗記】 2003.9.21 試乗記 スズキ・アルト ラパンSS(FF/5MT)
    ……119.0万円

    クラシカルな外観、部屋のようなインテリアをコンセプトにつくられたオシャレな軽自動車「アルト ラパン」。女性向けにつくられたモデルに、ターボ+5MTで男性に訴求する「ラパンSS」が加わった。ベンチシートをもつ新グレード「L」と合わせ、『webCG』記者が試乗した。


ホームへ戻る