マツダ、「プレマシー」中心の展示イベント

1999.05.11 自動車ニュース
 
 
990511_013.gif

マツダ、「プレマシー」中心の展示イベント(5/11)

マツダは新型車「プレマシー」を軸にすえた「Mazda Premacy & Technology展」を7月30日(金)まで横浜で開催中だ。

「Mazda Premacy & Technology展」は同社が先ごろ発表したミニバン「プレマシー」をはじめとする新型車両と、ファミリア800バンなど歴史的なモデルの展示、電子制御動力配分システムEBDなどの新技術、衝撃吸収ボディ「MAGMA」採用のホワイトボディや衝撃吸収インテリアなどの安全技術、三元触媒などの基礎技術といった内容で構成される。

会場は、マツダが首都圏にもつ開発基地「マツダR&Dセンター横浜」で、開場時間は午前10時から午後7時まで、土日祝日は休みとなる。住所は神奈川県横浜市守屋町2-5、電車では京急子安駅下車で徒歩10分、クルマでは首都高速「子安IC」下車5分だ。来場の際は事前の予約が必要となる。メールか電話(045-461-1211)で渡部さんまで。

「マツダR&Dセンター横浜」はデザイン部があったり、モーターショーのときは出展車のおひろめをしたりするところです。もちろん奥まで入ることは出来ないけれど、マツダファンは一度いってみるといいと思います。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プレマシーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る