マツダ、「プレマシー」中心の展示イベント

1999.05.11 自動車ニュース
 
 
990511_013.gif

マツダ、「プレマシー」中心の展示イベント(5/11)

マツダは新型車「プレマシー」を軸にすえた「Mazda Premacy & Technology展」を7月30日(金)まで横浜で開催中だ。

「Mazda Premacy & Technology展」は同社が先ごろ発表したミニバン「プレマシー」をはじめとする新型車両と、ファミリア800バンなど歴史的なモデルの展示、電子制御動力配分システムEBDなどの新技術、衝撃吸収ボディ「MAGMA」採用のホワイトボディや衝撃吸収インテリアなどの安全技術、三元触媒などの基礎技術といった内容で構成される。

会場は、マツダが首都圏にもつ開発基地「マツダR&Dセンター横浜」で、開場時間は午前10時から午後7時まで、土日祝日は休みとなる。住所は神奈川県横浜市守屋町2-5、電車では京急子安駅下車で徒歩10分、クルマでは首都高速「子安IC」下車5分だ。来場の際は事前の予約が必要となる。メールか電話(045-461-1211)で渡部さんまで。

「マツダR&Dセンター横浜」はデザイン部があったり、モーターショーのときは出展車のおひろめをしたりするところです。もちろん奥まで入ることは出来ないけれど、マツダファンは一度いってみるといいと思います。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
プレマシーマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • マツダ・ビアンテ20S(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2008.9.9 試乗記 ……322万4250円
    総合評価……★★★

    個性的な外観をまとう、マツダの新型ミニバン「ビアンテ」。使い勝手や乗り味など、実際の中身はどうなのか? 2リッターモデル「20S」で試した。
  • ホンダ・シビックハッチバック ホンダアクセス用品装着車(FF/CVT) 2017.12.14 ホンダ・シビックに見る純正カスタムの妙味<PR> 久々の復活を、大きな反響をもって迎えられた新型「ホンダ・シビック」。Cセグメント離れしたそのスタイリングにホンダアクセスが味付けを施すと、どのようなクルマに仕上がるのか。オレンジのアクセントが効いた一台で、朝の東京へと繰り出した。
ホームへ戻る