マツダ、「プレマシー」中心の展示イベント

1999.05.11 自動車ニュース
 
 
990511_013.gif

マツダ、「プレマシー」中心の展示イベント(5/11)

マツダは新型車「プレマシー」を軸にすえた「Mazda Premacy & Technology展」を7月30日(金)まで横浜で開催中だ。

「Mazda Premacy & Technology展」は同社が先ごろ発表したミニバン「プレマシー」をはじめとする新型車両と、ファミリア800バンなど歴史的なモデルの展示、電子制御動力配分システムEBDなどの新技術、衝撃吸収ボディ「MAGMA」採用のホワイトボディや衝撃吸収インテリアなどの安全技術、三元触媒などの基礎技術といった内容で構成される。

会場は、マツダが首都圏にもつ開発基地「マツダR&Dセンター横浜」で、開場時間は午前10時から午後7時まで、土日祝日は休みとなる。住所は神奈川県横浜市守屋町2-5、電車では京急子安駅下車で徒歩10分、クルマでは首都高速「子安IC」下車5分だ。来場の際は事前の予約が必要となる。メールか電話(045-461-1211)で渡部さんまで。

「マツダR&Dセンター横浜」はデザイン部があったり、モーターショーのときは出展車のおひろめをしたりするところです。もちろん奥まで入ることは出来ないけれど、マツダファンは一度いってみるといいと思います。(Web CG オガワ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • マツダ・プレマシー20E(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2010.9.7 試乗記 ……227万7000円
    総合評価……★★★★

    フルモデルチェンジで見た目が大きく変わった、マツダのミニバン「プレマシー」。売れ筋のFF、アイドリングストップ付きモデルで、中身の仕上がり具合を試した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • マツダが新型クロスオーバー「CX-8」の外観を公開 2017.7.25 自動車ニュース マツダは2017年7月25日、年内に発売予定の新型3列シート・クロスオーバーSUV「CX-8」の外観を一部公開した。マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現したという。
ホームへ戻る