ルノー「セニック」の新型モデル「カレード」発売

1999.05.12 自動車ニュース
990512_016.gif

ルノー「セニック」の新型モデル「カレード」発売(5/12)

ルノーの総輸入元であるフランスモーターズはミニバン「ルノーセニック」に新型モデル「セニックカレード」を導入、5月10日より発売した。

「ルノーセニックカレード」の特徴はサイドエアバッグを標準装備していることで、加えて前後カラードバンパーを備えている。さらに価格も従来モデルより30万円低い249.0万円となっている。

「セニックカレード」は4.13メートルという比較的コンパクトな全長に対して1.62メートルという余裕ある全高のボディをもち、5人がゆったりと乗れるパッケージングをセリングポイントとしている。エンジンは108馬力を発生する2リッター4気筒で、トランスミッションは学習機能をもつ4段オートマチックだ。

フランスモーターズでは、5月15日(土)と16日(日)に開催する「ルノーメイフェア」において、「セニックカレード」の発表展示を行なう。

それにしてもいまの世のなか、ミニバンをはじめとする「ライフスタイルカー」ばかりになった。「セニック」はその先がけといえるモデルでその魅力は衰えていない。あいにくウチの会社の駐車場にはルーフがつっかえて入れられないのがタマにキズ、なのだが。(Web CG オガワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。