名戦闘機を模した「マスタング」が競売に

2012.07.26 自動車ニュース

名戦闘機を模した「フォード・マスタング」がオークションに

米フォードは、2012年7月26日に米国ウィスコンシン州で開催されるオシュコシュ航空ショーに、第二次世界大戦中の戦闘機「P-51マスタング」をモチーフにした、「フォード・マスタング」のワンオフモデルを展示する。同車は、チャリティーオークションにかけられる予定だ。

モチーフとなったP-51戦闘機は、機体の後端が赤く塗られた「レッドテールズ」と呼ばれるもの。第二次大戦中、米国空軍にタスキギーエアメンという黒人だけの航空部隊が編成され、彼らが操った機体として知られている。なお、米国では2012年1月、同部隊のことを描いたジョージ・ルーカス製作の映画『レッドテールズ』が公開されている。

その機体を模した「マスタング」は「GTクーペ」がベース。レカロ製のフロントシートにはレッドテールズのロゴが入り、リアシートは取り払われている。加えて、ウィップル製のツインスクリュー式スーパーチャージャー、ハンドリングパッケージ、4本出しのサイドエグゾースト、20インチホイール、ブレンボ製ブレーキシステム、リアディフューザーなどが装着され、特別な一台となっている。

オークションでの利益は、若者に入門フライトを体験させる、地元の航空教育プログラム運営団体に寄付されるそうだ。

(webCG 竹下)

「レッドテールズ」と呼ばれた「P-51マスタング」戦闘機と「フォード・マスタング」。
「レッドテールズ」と呼ばれた「P-51マスタング」戦闘機と「フォード・マスタング」。

名戦闘機を模した「マスタング」が競売にの画像

名戦闘機を模した「マスタング」が競売にの画像

名戦闘機を模した「マスタング」が競売にの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――特別提言:スポーツカーの火を消さないために(前編) 2017.1.12 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceなどで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は試乗をお休みして、谷口が自伝を交えながらスポーツカーに対する思いを語る。題して「スポーツカーの火を消さないために」。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る