名戦闘機を模した「マスタング」が競売に

2012.07.26 自動車ニュース

名戦闘機を模した「フォード・マスタング」がオークションに

米フォードは、2012年7月26日に米国ウィスコンシン州で開催されるオシュコシュ航空ショーに、第二次世界大戦中の戦闘機「P-51マスタング」をモチーフにした、「フォード・マスタング」のワンオフモデルを展示する。同車は、チャリティーオークションにかけられる予定だ。

モチーフとなったP-51戦闘機は、機体の後端が赤く塗られた「レッドテールズ」と呼ばれるもの。第二次大戦中、米国空軍にタスキギーエアメンという黒人だけの航空部隊が編成され、彼らが操った機体として知られている。なお、米国では2012年1月、同部隊のことを描いたジョージ・ルーカス製作の映画『レッドテールズ』が公開されている。

その機体を模した「マスタング」は「GTクーペ」がベース。レカロ製のフロントシートにはレッドテールズのロゴが入り、リアシートは取り払われている。加えて、ウィップル製のツインスクリュー式スーパーチャージャー、ハンドリングパッケージ、4本出しのサイドエグゾースト、20インチホイール、ブレンボ製ブレーキシステム、リアディフューザーなどが装着され、特別な一台となっている。

オークションでの利益は、若者に入門フライトを体験させる、地元の航空教育プログラム運営団体に寄付されるそうだ。

(webCG 竹下)

「レッドテールズ」と呼ばれた「P-51マスタング」戦闘機と「フォード・マスタング」。
「レッドテールズ」と呼ばれた「P-51マスタング」戦闘機と「フォード・マスタング」。

名戦闘機を模した「マスタング」が競売にの画像

名戦闘機を模した「マスタング」が競売にの画像

名戦闘機を模した「マスタング」が競売にの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • フォード・マスタング V8 GTパフォーマンスパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2013.5.20 試乗記 モデルライフもそろそろ終盤の「フォード・マスタング」に、アシを鍛えた限定モデルが登場。 メーカーこだわりのシャシーの妙味を、スティックシフトで味わった。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
ホームへ戻る