エアロ仕様の「フォレスタ」特別限定車、登場

1999.05.13 自動車ニュース
 
 
990513_018.gif

エアロ仕様の「フォレスタ」特別限定車、登場(5/13)

富士重工業は「スバルフォレスター」に特別仕様車「S/tb type A」を設定、5月6日より発売した。エアロパーツなどを特徴としており、価格は222.2万円だ。

「スバルフォレスターS/tb type A」は、240馬力の2リッター水平対向4気筒DOHC+ターボエンジンを搭載するパワフルな4WD「S/tb」をベースにしたものだ。特徴としては、前後さらにサイドのエアロパーツ、メッシュタイプの16インチアルミホイール、ゴールドエンブレム、プロテインレザーとモケットのコンビネーションによる専用シート地などを装備している点があげられる。

ボディ色は「ブラックマイカ」「アークティックシルバーメタリック」「ピュアホワイト」の3色が用意されている。価格は5MTで222.2万円(東京、大阪、名古屋)、電子制御4ATで231.5万円(同)となる。

ワルいイメージで売ろうという「フォレスター」、つぎはぜひ、リアドアをなくしたバージョンを。(Web CG オガワ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.12.14 試乗記 足まわりの改良、燃費の改善、安全装備や運転支援システムの強化と、2012年のデビュー以来、度重なる改良を通して進化を遂げてきた「スバルXV」。ハイブリッドシステムを搭載した上級グレードの試乗を通し、今日におけるその実力を測った。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • 次期「レガシィアウトバック」まもなく登場【ニューヨークショー2014】 2014.4.3 自動車ニュース 「ニューヨークショー2014」において、スバルの新型「アウトバック」が公開される。
ホームへ戻る