スズキ、スポーティな外観の「Kei」発売

1999.05.14 自動車ニュース
 
 
990514_022.gif

スズキ、スポーティな外観の「Kei」発売(5/14)

スズキは軽乗用車「Kei」にスポーティな専用部品を装着した特装車「Keiスペシャル」を設定、5月12日より発売した。

「スズキKeiスペシャル」は「Kei」の3ドア「Sタイプ」をベースに外観、内装にスポーティな部品を装備したモデルだ。専用エンジンフードカバー、フォグランプ内蔵の専用バンパー、専用サイドスカート、ルーフエンドスポイラー、光輝仕上げの専用アルミホイール、専用ストライプテープ、専用リアエンブレムなどが外観上の特徴となる。

内装面では専用の革巻ステアリングホイール、革巻シフトノブ、黒色基調の専用シート表皮およびドアトリム、カーボン調塗装のインストルメントパネルなどを与えられている。

エンジンは64馬力を発生する660cc3気筒DOHC4バルブ+インタークーラー付ターボを搭載、トランスミッションは5段マニュアルと4段オートマチックが用意されている。駆動方式は前輪駆動と4輪駆動が選べる。装備は豊富でオートエアコン、パワーステアリング、パワーウィンドウ、リモコン式集中ドアロック、電動格納式ドアミラー、ABSなどが標準装備となる。価格は前輪駆動/5MTの125.8万円から4輪駆動/4ATの144.0万円までだ。

一連の軽自動車のなかではもっともスタイリッシュな「Kei」だが、東京の路上ではなかなか見かけないように思います。たんに思いすごし?(Web CG オガワ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.24 試乗記 全高が65mm下げられた「ホンダN-ONE」の「LOWDOWN(ローダウン)」に試乗した。スポーティーな外観を得て、立体駐車場にも入るようになったローダウンだが、逆に失ったものはないのだろうか?
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
ホームへ戻る