トヨタ、環境技術をベンツとVWに

1999.05.19 自動車ニュース
990519_033.gif

トヨタ、環境技術をベンツとVWに(5/19)

トヨタ自動車は「Nox吸蔵還元型三元触媒システム」の特許について、独ダイムラークライスラー社およびフォルクスワーゲン社とライセンス契約を締結した。

「Nox吸蔵還元型三元触媒システム」はリーンバーンエンジンや直噴ガソリンエンジンなど、希薄燃焼エンジンの排出ガス浄化技術である。従来、希薄燃焼時は浄化が困難だった排出ガス中のNoxを触媒がいったん吸蔵し、その後、濃空燃比運転時に瞬時に還元浄化するのが、このシステムのメリットだ。トヨタではすでに D-4エンジンにこのシステムを採用している。

いっぽうトヨタでは、ダイムラークライスラー社よりブレーキアシストの特許供与を受けることになった。

環境や安全にかんするすぐれた技術はどんどん交換してもらいたいですね。ところで効きがよすぎるとか批判もあったトヨタのブレーキアシストですが、結局ダイムラーベンツから特許を買うことになったわけですね。賢い選択かもしれません。(Web CG オガワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。