「VWゴルフトゥーラン」に安全機能追加

2012.07.25 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」に安全機能追加

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2012年7月25日、一部仕様が変更されたミニバン「ゴルフトゥーラン」を発売した。

今回、「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」の全車に、ステアリング操作を監視することでドライバーの疲労を検知、警告するシステム「Fatigue Detection System」が与えられた。さらに、前席のヘッドレストに前後調節機構が追加された。

純正オプションとして、リアルタイムな道路情報を提供するDSRC車載器(ETC機能付き)やリアビューカメラに連動した最新のナビゲーションシステム「712SDCW」が採用されたのもニュースだ。

価格は、ベーシックグレードの「TSI コンフォートライン」が294万円で、これまでより1万円のアップ。上級グレード「TSI ハイライン」は据え置きの339万円となっている。

(webCG 関)

「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン TSI ハイライン」
「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン TSI ハイライン」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る