ジャガー、新型「Sタイプ」を6月に発売

1999.05.25 自動車ニュース
 
 
990525_042.gif

ジャガー、新型「Sタイプ」を6月に発売(5/25)

ジャガージャパンは新型サルーン「ジャガーSタイプ」を6月7日より発売すると発表した。578万円からだ。

新型「ジャガーSタイプ」は、レトロスペクティブなテイストを加味した4ドアサルーンだ。全長は現行XJシリーズより約15センチ短く、エンジンもコンパクトな3リッターV6を中心に構成されている。

「3.0V6」と「3.0V6SE(スペシャルエクイプメント)」に搭載されるエンジンは3リッターV6DOHCで、最高出力は243馬力だ。「4.0V8」は4リッターV8DOHCエンジンを搭載、最高出力は285馬力だ。いずれもトランスミッションは5段オートマチックのみ、ハンドル位置は右にかぎられる。

ホイールベースは2910ミリで、ボディサイズは全長×全幅×全高=4880×1820×1445ミリとなる。サスペンションは前後ともにダブルウィッシュボーンで、ブレーキは前後に通気式ディスクが装備される。

ジャガーでは「Sタイプ」を「ジャガーブランドへの入門車」と位置づけている。いっぽうで装備は現代的水準のものが与えられている。ジャガーとして初めての装備となるダッシュボード組み込み式モニターをはじめ、分割可倒式リアシート、左右独立調整式のエアコンなど、「これまでとは異なる顧客のライフスタイル、嗜好、利便性への要求に応え」(同社)た結果という。

価格的競争力も「Sタイプ」セリングポイントにあげられており、「3.0V6」が578.0万円、「3.0V6SE(スペシャルエクイプメント)」が640.0万円、「4.0V8」が763.0万円となっている。

英国では親会社フォードのてこ入れでディーラー網の強化を行なった結果、ジャガーはパンケーキのように(英語風いいまわし)売れているらしい。これからますます下方路線を拡大していくというから、私のようなお金のない人間は楽しみにしている。(Web CG オガワ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • ボルボXC60 T6 AWD(4WD/8AT)/XC60 D5 AWD(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.6.29 試乗記 2017年秋に日本での発売が予定される2代目「ボルボXC60」に、スペインで試乗。ボルボ全販売台数の30%を占めるという売れ筋SUVはどう変わったのか、ガソリン車の「T6 AWD」とディーゼル車「D5 AWD」でチェックした。
ホームへ戻る