ジャガー、新型「Sタイプ」を6月に発売

1999.05.25 自動車ニュース
 
 
990525_042.gif

ジャガー、新型「Sタイプ」を6月に発売(5/25)

ジャガージャパンは新型サルーン「ジャガーSタイプ」を6月7日より発売すると発表した。578万円からだ。

新型「ジャガーSタイプ」は、レトロスペクティブなテイストを加味した4ドアサルーンだ。全長は現行XJシリーズより約15センチ短く、エンジンもコンパクトな3リッターV6を中心に構成されている。

「3.0V6」と「3.0V6SE(スペシャルエクイプメント)」に搭載されるエンジンは3リッターV6DOHCで、最高出力は243馬力だ。「4.0V8」は4リッターV8DOHCエンジンを搭載、最高出力は285馬力だ。いずれもトランスミッションは5段オートマチックのみ、ハンドル位置は右にかぎられる。

ホイールベースは2910ミリで、ボディサイズは全長×全幅×全高=4880×1820×1445ミリとなる。サスペンションは前後ともにダブルウィッシュボーンで、ブレーキは前後に通気式ディスクが装備される。

ジャガーでは「Sタイプ」を「ジャガーブランドへの入門車」と位置づけている。いっぽうで装備は現代的水準のものが与えられている。ジャガーとして初めての装備となるダッシュボード組み込み式モニターをはじめ、分割可倒式リアシート、左右独立調整式のエアコンなど、「これまでとは異なる顧客のライフスタイル、嗜好、利便性への要求に応え」(同社)た結果という。

価格的競争力も「Sタイプ」セリングポイントにあげられており、「3.0V6」が578.0万円、「3.0V6SE(スペシャルエクイプメント)」が640.0万円、「4.0V8」が763.0万円となっている。

英国では親会社フォードのてこ入れでディーラー網の強化を行なった結果、ジャガーはパンケーキのように(英語風いいまわし)売れているらしい。これからますます下方路線を拡大していくというから、私のようなお金のない人間は楽しみにしている。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sタイプの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXE S(FR/8AT)【ブリーフテスト】 2015.10.5 試乗記 ジャガーのミドルクラスサルーン「XE」、そのフラッグシップモデル「XE S」に試乗した。340psの3リッターV6スーパーチャージドエンジンを搭載するスポーツサルーンの実力を探る。
  • ジャガーがスポーツサルーン「XE」2017年モデルの受注を開始 2016.7.20 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年7月19日、スポーツサルーン「ジャガーXE」2017年モデルの受注を開始した。最新のインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を標準装備したほか、新たなエントリーグレード「SE」を追加設定。全8機種をラインナップしている。
  • ジャガーXE 2.0プレステージ(FR/8AT)/XE 2.5ポートフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2015.9.18 試乗記 200psか240psか? 「ジャガーXE」に関心を持つ人にとって悩ましいのは、2リッター直4ターボエンジンのどちらの仕様がよりジャガーらしいのか、ということではないだろうか。「2.0プレステージ」と「2.5ポートフォリオ」に比較試乗した。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
ホームへ戻る